細菌

【問題】細菌・ウイルス・真菌、抗菌薬が効くのはどれ?

質問者
「抗菌薬は何に対してどんな効果がある薬ですか?」
外科医 松下
「医療現場では日々抗菌薬が使われてますが、一体どんな薬なのか、疑問に答えます。」

細菌・ウイルス・真菌のうち、抗菌薬が効くのはどれ?

ウイルス
答えは細菌です。細菌のみに抗菌薬が効きます。ウイルス・真菌に対して、抗菌薬は全く効果がありません。

微生物は人の身の回りや体内にたくさん存在していて、それを常在菌といいます。常在菌は人に害を与えることなく、共存しています。

しかし、病原体が体内に侵入すると、感染症を引き起こします。感染症を引き起こす原因微生物として、細菌・ウイルス・真菌が挙げられます。

  • 細菌:細胞を持った小さな生物で、自ら細胞分裂して増殖します。光学顕微鏡で見える大きさです。例えば、ブドウ球菌、レンサ球菌、大腸菌などです。
  • ウイルス:細胞を持たず、タンパク質の殻に遺伝子が入っている構造で、自ら増殖できません。細菌より小さく、光学顕微鏡では見えません。例えば、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、コロナウイルス、ヘルペスウイルス、HIVウイルスなどです。
  • 真菌:カビのことで、例えば、白癬菌(水虫)、カンジダなどです。

細菌には抗菌薬ウイルスには抗ウイルス薬真菌には抗真菌薬が効きます。ウイルスに抗菌薬は効きませんし、細菌に抗ウイルス薬は効きません。よって、病気の原因微生物が何かを診断するのが重要です。真菌は頻度が低いので、通常は細菌かウイルスのどちらかが原因です。

かぜを例に考えてみると

かぜを例に考えてみましょう。かぜの原因微生物はほとんどがウイルスといわれており、主にライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルスなどが原因です。上気道炎を引き起こします。これらのウイルスに効く抗ウイルス薬はないので、安静、水分補給、解熱剤などの対症療法を行い、数日で治るのが一般的です。

一方、細菌感染が原因でかぜ症状を引き起こす病気として、咽頭炎、肺炎などがあります。その場合は、抗菌薬が効きますので、抗菌薬で治療します。

このように、かぜの診療では、ウイルス性の上気道炎なのか、そうでないのかを見極めることが重要です。

実際の診療では、原因と推定される細菌まで考えて、抗菌薬の種類を選択します。抗菌薬はその種類によって、どの菌をやっつけられるかが異なるためです。

薬剤耐性(AMR)対策について

抗菌薬に対する耐性菌の増加が、大きな問題になっています。詳しくは以下の厚生労働省のページにまとめがありますのでご覧ください。「抗微生物薬適正使用の手引き 第二版 ダイジェスト版」がよくまとまっています。

» 薬剤耐性(AMR)対策について(厚生労働省)

まとめ:抗菌薬は細菌をやっつける薬で、細菌のみに効果があります。

・ かぜの原因微生物はほとんどがウイルスで、ウイルスには抗菌薬が全く効きません。

 

外科医 松下
「普段のかぜと違う時は放っておかず、早めに病院に受診しましょう。」