天秤

虫垂炎(盲腸)で行う腹腔鏡手術とは?

質問者
「虫垂炎で行う腹腔鏡手術とは、どんな手術ですか?」
ヘルニア外科医 松下
「虫垂炎で行う腹腔鏡手術について、外科医の私が説明します。」

虫垂炎(盲腸)で行う腹腔鏡手術とは、どんな手術ですか?

手術、埼玉外科クリニック、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮、浦和
虫垂炎の腹腔鏡手術とは、腹腔鏡を用いて腫れた虫垂の根部(根元)を切って虫垂を切除する手術です。

腹腔鏡で観察し、虫垂(上図の黒矢印)を見つけて、虫垂間膜を処理し、虫垂根部(上図の白矢印)を糸でしばって、虫垂を切除します。

手術時間は約20-60分、翌日から食事を再開し、術後2日目に退院できます。

穿孔し腹膜炎が広がっている場合は、3-5日間の点滴抗生剤治療が必要ですので、1週間程度の入院が必要となることが多いです。

炎症がひどくて虫垂根部で切れない時は、開腹に移行したり、周囲の腸も一緒に切除して腸同士を繋ぐこともあります。

国際的なガイドラインでは、開腹手術よりも腹腔鏡手術を推奨しています。

腹腔鏡手術は、傷が小さい、痛みが軽い、入院期間が短い、社会復帰が早い、生活の質(QOL)が高い、術後の腸閉塞が少ない、傷の感染が少ないなどの利点がありますが、直接病変をさわれない欠点もあります。

虫垂炎が一旦治まれば、腹腔鏡による待機的な日帰り手術で治せますので、埼玉外科クリニックにご相談ください。

» 虫垂炎(盲腸)の日帰り手術の動画(YouTube)

虫垂炎(盲腸)の手術方法の比較

腹腔鏡手術開腹手術
傷口0.2-1cmの傷が3ヶ所数cmの傷
痛み軽い痛い
術後の癒着少ないやや多い
入院期間約0〜3日間約1週間

虫垂炎(盲腸)の手術適応は病状によって違います

まず重要なことは、診断が虫垂炎かどうかということです。

CT検査などで精査しても、はっきりしないことや、他の疾患が疑わしいことも多く、典型的な症状でない場合は注意が必要です。

虫垂炎の診断が確定すると、病状は大まかに3つに分類できます。

  1. 非穿孔性虫垂炎
  2. 穿孔性虫垂炎による汎発性腹膜炎
  3. 穿孔性虫垂炎による限局性膿瘍

1. 非穿孔性虫垂炎

穿孔していない虫垂炎のことで、ほとんどの虫垂炎はこれで、迅速に手術を行います。

炎症が軽い場合は抗菌薬で散らし、後日、待機的に日帰り手術をすることも可能です。

» 虫垂炎(盲腸)の日帰り手術動画(YouTube)

2. 穿孔性虫垂炎による汎発性腹膜炎

虫垂に穴が開いてしまった状態で、お腹全体に炎症が広がっており、緊急手術を行います。

放っておくと、全身に菌が広がって敗血症となり、更に多臓器不全になると命に関わります。

3. 穿孔性虫垂炎による限局性膿瘍

発症から診断までに2日以上経過していることが多く、虫垂に穴が開いたものの、お腹全体に炎症が広がらずに、膿が一塊となり限局している状態です。

この状態で手術をすると周囲の腸管も一緒に摘出しなければならない可能性が高くなってしまいます。

まずは、体外から針を刺して膿を出して、抗菌薬で感染をコントロールし、炎症が治まってから待機的手術を検討します。

虫垂炎(盲腸)に対する細径鉗子を用いた Needlescopic surgery

3mmの細径鉗子を用いることで(通常は5mmです)、傷を小さくし、痛みを軽減します。

低侵襲手術の一つで、炎症所見が軽い場合に行っています。

虫垂炎(盲腸)の腹腔鏡手術はどんな麻酔をしますか?

基本的には全身麻酔をして手術をします。

完全に寝ている状態ですので、手術中に意識は全くなく、痛みも全くありません。

全身麻酔に関連した合併症(併存症)は、アレルギー、吐き気、のどの痛み、歯の損傷、せん妄、肺炎、喘息発作、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、肺塞栓症、悪性高熱症などがあります。

まとめ:虫垂炎で行う腹腔鏡手術では、腫れた虫垂の根部を切って虫垂を切除します。

・ 虫垂炎に対する腹腔鏡手術は、傷が小さく、痛みが軽く、社会復帰が早いのが利点です。
・ 予定手術であれば、日帰り手術も可能です。

 

ヘルニア外科医 松下
「虫垂炎は基本的に手術で治す病気です。病状や年齢、基礎疾患などによって、個々の治療方針は違ってきますので、主治医とよく相談することが大切です。」
関連記事

質問者「虫垂炎(盲腸)は日帰り手術で治せますか?」ヘルニア外科医 松下「虫垂炎は日帰り手術で治せます!外科医の私が、虫垂炎の日帰りで手術について疑問に答えます。」虫垂炎(盲腸)を薬で散らした後[…]

ノート

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG