虫垂炎(盲腸)

虫垂炎(盲腸)の前兆はどんな痛み?

質問者
「虫垂炎(盲腸)の前兆はどんな痛みですか?」
ヘルニア外科医 松下
「腹痛でまず思い浮かぶのが虫垂炎です。外科医の私が、虫垂炎の前兆について説明します。」

虫垂炎(盲腸)の前兆はどんな痛みですか?

前兆、埼玉外科クリニック、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮、上尾
虫垂炎は右下腹部が痛くなると思っている人が多いですが、前兆としてみぞおち(心窩部)から臍(へそ)周囲の鈍い痛みを感じることがよくあります。

痛みを感じて2,3時間後に、吐き気や嘔吐があります。

虫垂炎では、前兆の順番が逆に現れることはほとんどありません。

虫垂炎の前兆は胃腸炎の症状ととても似ているため、この時点で区別するのはとても難しいです。

虫垂炎(盲腸)はどんな初期症状ですか?

虫垂炎の典型的な初期症状は、みぞおち(心窩部)から臍(へそ)周囲の痛み→悪心(吐き気)・嘔吐→右下腹部に痛みが移動→37度の微熱の順番に出現します。

症状が出現する順番が診断に重要で、この順番通りの場合は虫垂炎の可能性が高くなります。

歩いた時にお腹に痛みが響く時は、悪化して腹膜炎を起こしている可能性が高いので、すぐに救急病院に受診してください。

発症からの期間が2日以上経過、38℃以上の発熱、お腹全体が痛む時は、虫垂が穿孔していたり、膿瘍形成していることが疑われます。​

虫垂炎(盲腸)は何科に受診すればいいですか?

典型的な症状であれば、外科(消化器外科)を受診すれば良いのですが、腹痛の原因は多種多様で自己診断は難しいです。

まずは、内科(消化器内科)を受診し、虫垂炎が疑われた時点で外科に紹介されることが多いです。

痛みが強い時は、救急車で救急外来を受診するケースも多いです。

虫垂炎が一旦治まれば、腹腔鏡による待機的な日帰り手術で治せますので、埼玉外科クリニックにご相談ください。

虫垂炎(盲腸)を放置する危険性は?

虫垂炎は急激に悪化する可能性があります。

疑いがある時は、すぐに救急病院に受診することをお勧めします。

虫垂炎(盲腸)の診断にはどんな検査をしますか?

虫垂炎を診断するためには、腹部の触診を行い、圧痛の部位や痛みの程度などを診ます。

血液検査で白血球数、CRPを測定し、炎症の程度を確認します。

造影CT検査(感度95%、特異度96%)で、腫大した虫垂を確認することで、虫垂炎と診断します。

糞石(便の固まり)による閉塞が原因の時は、糞石がCT検査で確認できることもあります。

腹部超音波検査やMRI検査を行うこともあります。​

虫垂炎(盲腸)以外の病気の可能性はありますか?

虫垂炎と鑑別が必要な病気としては、虫垂腫瘍(癌、カルチノイド、粘液性腫瘍など)の可能性が約1%あります。

また、腸炎、大腸憩室炎、メッケル憩室炎、炎症性腸疾患、腸管穿孔、大腸がん、尿管結石、産婦人科疾患など様々な病気の可能性があります。​

まとめ:右下腹部痛の症状があれば、虫垂炎(盲腸)が原因かもしれません。

・ 虫垂炎は、外科手術になりうる、最も頻度の高い腹部救急疾患です。
・ 虫垂炎の典型的な症状は、心窩部から臍周囲の痛み→悪心・嘔吐→右下腹部痛→微熱の順に出現します。
・ 造影CT検査で腫大した虫垂を確認することで、診断します。

 

ヘルニア外科医 松下
「腹痛の原因は多種多様ですので、我慢せず早めに受診し、主治医によく相談することが大切です。」
関連記事

質問者「虫垂炎(盲腸)は日帰り手術で治せますか?」ヘルニア外科医 松下「虫垂炎は日帰り手術で治せます!外科医の私が、虫垂炎の日帰りで手術について疑問に答えます。」虫垂炎(盲腸)を薬で散らした後[…]

ノート

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG