本

外科研修におすすめの本【研修医・修練医向け】

質問者
「外科研修する時におすすめの本はありますか?」
ヘルニア外科医 松下
「研修医・修練医が外科研修する際におすすめの本を、外科医の私がお答えします。」

研修医が外科研修する際におすすめの本

本
研修医が外科研修で習得してほしい将来に役に立つ本だけを厳選しました。

外科医志望でない研修医にもおすすめです。まだ読んでいないなら、是非読んでみてください。

急性腹症の早期診断 第2版

Cope’s Early Diagnosis of the Acute Abdomen 22nd editionの邦訳です。

経験から得られたメッセージが満載で、腹痛の奥深さが理解できます。

急性腹症の名著で、必読の書です。

» 急性腹症の早期診断(アマゾン)

ブラッシュアップ急性腹症 第2版

腹痛の診察から診断、そして個々の腹部救急疾患までを、最新の知見に基づいて詳しく解説しています。

救急外来で腹痛を診る時に必携です。

» ブラッシュアップ急性腹症 第2版(アマゾン)

ブラッシュアップ急性期外科

急性虫垂炎、腸管閉塞・穿孔・虚血・出血、急性膵炎、食道破裂について、最新の知見に基づいて詳しく解説しています。

救急外来で腹部疾患を診るなら役立ちます。

» ブラッシュアップ急性期外科(アマゾン)

ICU/CCUの薬の考え方、使い方 ver.2

ICUやCCUでの薬の使い方に関して、秀逸な説明が書かれています。

薬だけでなく、クリティカルケアのノウハウも満載です。

重症疾患の全身管理に必携です。

» ICU/CCUの薬の考え方、使い方 ver.2(アマゾン)

抗菌薬の考え方,使い方 ver.4

外科では毎日抗菌薬を使うので、感染症や抗菌薬の知識は非常に重要です。

抗菌薬についてはこの本が最高に良いです。

» 抗菌薬の考え方,使い方 ver.4(アマゾン)

麻酔科研修チェックノート 改訂第6版

手術の麻酔に関しては間違いなくこの一冊です。

まずはこれを使いこなせるようになることを目標にすると良いです。

» 麻酔科研修チェックノート 改訂第6版(アマゾン)

専修医が外科研修する際におすすめの本

外科専門医を目指す専修医が外科研修で習得してほしい本を厳選し追加しました。

まだ読んでいないなら、是非読んでみてください。

消化器外科専門医の心得

消化器外科専門医試験に準拠した日本消化器外科学会が発行する公式テキストです。

専門医試験にも役立ち、知識が網羅されているので、教科書として最適だと思います。

» 消化器外科専門医の心得(日本消化器外科学会)

イラストレイテッド外科手術 第3版

消化器外科の代表的な手術について、その手技や手順を詳しいイラストとともに説明しています。

手術前には読み直し、頭の中でシュミレーションすると良いです。

» イラストレイテッド外科手術 第3版 縮刷版 膜の解剖からみた術式のポイント(アマゾン):大型サイズもあります

ビジュアルサージカル 消化器外科手術

上記と同じ手術手技の教科書です。

きれいなイラストと動画があるので、導入にはとてもわかりやすくて良いです。

シリーズになっていて、計5冊あります。

» ビジュアルサージカル 消化器外科手術

ネッター解剖学アトラス原書第6版

手術を執刀するようになると、解剖学アトラスは必携です。

美しいイラストを使って、詳細な解剖が図示されています。

手術前にCTやMRIの画像を見ながら、アトラスで解剖をイメージすることが大切です。

術中は、実際には見えていない部分の解剖もイメージしながら手術を行います。

» ネッター解剖学アトラス原書第6版(アマゾン)

各疾患のガイドライン

自分自身が扱う疾患のガイドラインは、最低限読んでおくことで、標準治療を把握する必要があります。

» Mindsガイドラインライブラリ
» 東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース
» 日本癌治療学会 がん診療ガイドライン

癌取扱い規約抜粋 消化器癌・乳癌 第13版

これがないと仕事にならないと言ってもいい本です。

外科医の白衣のポケットに入っている本で、最も定番と思われる一冊です。常に携帯しています。

» 癌取扱い規約抜粋 消化器癌・乳癌 第13版(アマゾン)

まとめ:外科研修におすすめの本を紹介しました。

・ どれもおすすめの本なので、読んでみてください。

 

ヘルニア外科医 松下
「外科研修では、経験を積み重ねることも大切ですが、同時に理論的背景を学ぶことはそれ以上に大切です。」

埼玉外科クリニックのロゴ

〜鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術を日帰りで〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の日帰り手術に関するご相談は、埼玉外科クリニックへ。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下公治が、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を行っています。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

受診予約はこちら

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
関連記事

埼玉大宮で鼠径ヘルニア(脱腸)の専門診療!鼠径ヘルニアを専門に研鑽を積み、日本でもまだ数少ない内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)であるヘルニア外科医 松下公治が、埼玉大宮で鼠径ヘルニアの診療を行っています。埼玉外科クリニックは[…]

受付、埼玉外科クリニック、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術に特化した日帰り手術専門クリニック。院長の松下公治が手術を執刀し、個別化した低侵襲手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268 エイコービル3階
048-650-2555
診療時間:9〜17時(休診:水曜・日曜・祝日)【完全予約制】
JR大宮駅西口徒歩3分

CTR IMG