メモ

埼玉外科クリニック開院の経緯【ある日の出来事】

前回、埼玉外科クリニックが開院することをお知らせしました。

今回は埼玉外科クリニックが開院することになった経緯を話します。

私の外科医としてのこれまで

私は外科医として18年間医療に携わり、開腹手術、腹腔鏡手術、ロボット手術に従事し、これまでに3,400件以上の消化器外科手術を経験しました。

外科専門医、消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)などの主な資格は取得しました。

鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門とし、学会の評議員や研究会の世話人を務め、腹腔鏡ヘルニアセンターを立ち上げ、後進の育成を行ってきました。

2017年からは日帰り手術を専門に行う東京外科クリニックで特任院長として鼠径ヘルニア・盲腸などの日帰り手術を行ってきました。

そんなある日は突然に

埼玉外科クリニック
そんなある日、東京外科グループの大橋直樹代表からクリニック開院の話しをいただきました。

これからも一緒に協力して、日帰り手術の発展に尽くしてほしい」という大橋先生の熱い思いに共感したことが、開業を決めた一番の動機です。

話しをする中で、「一生を賭けてやり遂げよう」と開業することを決意しました。

その後、大橋先生には様々な開業支援をして頂き、そのおかげもあって順調にクリニック開院準備を進めています。

埼玉外科クリニックは東京外科グループの一員として、これからもなお一層連携協力し、日本の外科医療をリードしていきたいと思っています。

日帰り手術の現状と課題

そもそも、なんで日帰り手術なのでしょうか?

実は、先進国において、既に鼠径ヘルニアは日帰り手術が一般的で、その割合は20-92%に及びます。

一方で、日本は1.3%にすぎず、平均在院日数は4.8日というのが現状です。

虫垂炎については、日本では日帰り手術がほとんど行われていません。

この現状を打開し、欧米で行われている日帰り手術は、日本でも提供できる仕組みを整えていきたいと考えています。

東京外科クリニックは開院して6年が経過し、3,000例を超える日帰り手術を完遂し、多くの方に支持されています。

より多くの方に質の高い最適な日帰り手術を提供するために、東京外科グループの第二院が望まれていたため、私がその重責を担うことを決意しました。

埼玉外科クリニックが目指すもの

「埼玉外科クリニックは腹腔鏡による鼠径ヘルニア・虫垂炎日帰り手術を専門に行う外科クリニックとして、個別化した最適な低侵襲手術を快適に受けられることを目指します。」

当たり前のような内容ですが、真に実現することは簡単ではありません。

患者さん本位のクリニックを作り、埼玉外科クリニックを選んで良かったと感じていただけるように、誠心誠意尽力して参ります。

埼玉外科クリニックを選んでくださった皆様に会えることを楽しみに、クリニック開院準備を進めています。

埼玉外科クリニックのロゴ

〜鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術を日帰りで〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の日帰り手術に関するご相談は、埼玉外科クリニックへ。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下公治が、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を行っています。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

受診予約はこちら

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
関連記事

埼玉大宮で鼠径ヘルニア(脱腸)の専門診療!鼠径ヘルニアを専門に研鑽を積み、日本でもまだ数少ない内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)であるヘルニア外科医 松下公治が、埼玉大宮で鼠径ヘルニアの診療を行っています。埼玉外科クリニックは[…]

受付、埼玉外科クリニック、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術に特化した日帰り手術専門クリニック。院長の松下公治が手術を執刀し、個別化した低侵襲手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268 エイコービル3階
048-650-2555
診療時間:9〜17時(休診:水曜・日曜・祝日)【完全予約制】
JR大宮駅西口徒歩3分

CTR IMG