会議

埼玉外科クリニックを開院しようと決意した理由とは?

前回、埼玉外科クリニックの開院が決まった経緯について話しました。

今回は、「そもそもなぜ開業しようと決意したのか?」、その理由について書こうと思います。

まさか自分が開業するとは予想できませんでした

ペン
まさか自分が開業することになるとは、私自身が最も予想できませんでした

家族に医療関係者はいないため、引き継ぐクリニックはありませんでした。

今の職場にとても満足し、日々充実感を感じ、収入面でも不満はありませんでした。

開業することは独立して起業することです。

しかし、その知識や経験はなく、リスクも伴うことですので、開業は考えてもいませんでした。

日帰り手術の魅力に気づいて…

2017年から東京外科クリニック腹腔鏡による日帰り手術に取り組むようになりました。

日帰り手術を研究するうちに、その魅力に気づいてしまい、これをもっと広めたいと思うようになりました。

病気を手術で治すことはとても重要なことですが、我々医療従事者はそこばかりに目を向けてしまいがちです。

病気で入院することの大変さ、苦痛には目を背けてしまうことが、どうしても多くなってしまいます。

日帰り手術に携わるようになって、如何にしてそれを取り除くかが大切なことで、そのための工夫を積み重ねてきました。

我慢しなければならないことを少しでも減らすことで、患者さんからはとても喜んでいただけました。

埼玉外科クリニックを開院しようと決意した理由とは?

東京では日帰り手術を提供する外科クリニックが増えてきましたが、他の地域ではまだまだ普及しているとは言い難いのが現状です。

埼玉もその一つで、日帰り手術を提供する外科クリニックが必要とされていました。

大宮にクリニックを開院することで、微力ではありますが、必要としている人に日帰り手術を提供できると思いました。

また、鼠径ヘルニアや盲腸外科疾患の中では頻度が高い疾患であるにも関わらず、それを専門とする医師が少ない領域です。

外科診療はがんの手術がメインとなっていて、がん以外の疾患を専門としている医師はどうしても少ないのが現状です。

そんな鼠径ヘルニア・盲腸ですが、がんよりも頻度が高い疾患なので、困っている患者さんはたくさんいます。

良性疾患は同じ病気でも多種多様で、その診断・治療は簡単なこともあれば、非常に難しいこともあります。

救急病院で多様な患者さんに対応してきた経験を活かして、そうした患者さんのお役に立つことが、私にできる社会貢献だと思いました。

私は腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術について研究し、それを専門に取り組んできましたので、それに特化したクリニックを作ろうと決意しました。

専門クリニックだからこそできる、専門性が高く、患者さんのニーズに沿った診療を提供していきたいと考えています。

埼玉外科クリニックのロゴ

〜鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術を日帰りで〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の日帰り手術に関するご相談は、埼玉外科クリニックへ。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下公治が、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を行っています。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

受診予約はこちら

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
関連記事

埼玉大宮で鼠径ヘルニア(脱腸)の専門診療!鼠径ヘルニアを専門に研鑽を積み、日本でもまだ数少ない内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)であるヘルニア外科医 松下公治が、埼玉大宮で鼠径ヘルニアの診療を行っています。埼玉外科クリニックは[…]

受付、埼玉外科クリニック、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術に特化した日帰り手術専門クリニック。院長の松下公治が手術を執刀し、個別化した低侵襲手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268 エイコービル3階
048-650-2555
診療時間:9〜17時(休診:水曜・日曜・祝日)【完全予約制】
JR大宮駅西口徒歩3分

CTR IMG