コンセプト、埼玉外科クリニック、日帰り手術、鼠径ヘルニア、盲腸、埼玉、さいたま、大宮

埼玉外科クリニックの知られざる3つのコンセプト

埼玉外科クリニックの日帰り手術で大切にしているコンセプトが3つあります。

当院がこだわっている重要な部分で、より良い日帰り手術を提供するために大切にしていることです。

その知られざる3つの重要なコンセプトの中身を公開します。

埼玉外科クリニックのミッション

コンセプト、埼玉外科クリニック、日帰り手術、鼠径ヘルニア、盲腸、埼玉、さいたま、大宮
「埼玉外科クリニックは腹腔鏡による鼠径ヘルニア・虫垂炎の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。個別化した最適な低侵襲手術を快適に受けられるクリニックを目指しています。」

これが当院のミッションです。

このミッションを達成するために、安全性、快適性、効率化の3つのコンセプトを中心に、クリニックを作り上げてきました。

日帰り手術の安全性

3つのコンセプトの中で最も重要視しているのが、日帰り手術の安全性です。

外科医として、私自身が常に最新の知識・技術を得ることで、診療内容の改善に努めています。

患者さんにとって日帰り手術よりも入院手術の方が望ましい病状だと判断した時は、入院手術をお勧めします。

埼玉外科クリニックでは、麻酔科医が全身麻酔をかけており、麻酔の安全性を確保する上で最も重要だと考えています。

麻酔科医と外科医がいれば、例え緊急事態が発生しても、迅速かつ適切に対応することができます。

緊急時に使用する物品として、心肺停止時に使うAED(除細動器)や、気道確保が困難な時に使う輪状甲状間膜穿刺キットを準備しています。

薬剤としては、悪性高熱症に使うダントロレン、心肺停止時に使うアドレナリンやアトロピン、昇圧剤のイノバンやノルアドレナリン、降圧薬のペルジピン、狭心症治療薬のニトロールやシグマート、喘息治療薬のサルタノールなどの緊急薬剤を準備しています。

手術に使う機器は、万が一のトラブルに備えてメーカーと保守契約を結び、交換部品も準備しています。

急な停電に備えて、ポータブル電源を用意しています。

万が一の出血に備えて、止血するための器具や、止血剤血管縫合用の糸も用意しています。

1日3件に手術件数を限定することで、診療の質を維持しています。

これらは緊急時以外には不要な備えも多く、一見無駄に感じるかもしれませんが、万が一の事態にも最善を尽くせる体制作りが重要だと私は考えています。

日帰り手術の快適性

病院はストレスだらけの環境かもしれませんが、少しでもストレスを減らせるように工夫しています。

日帰り手術を快適に受けていただくために、1人1部屋の個室とロッカーを用意しました。

更に時間をずらすことで、患者さん同士の接触を極力少なくなるように配慮し、あたかもプライベート手術のような環境を作っています。

手術後の痛みや吐き気を軽減するために様々な工夫を行い、少しでも苦痛が少なく手術を受けていただけるように努力しています。

受診の負担を軽減するために、電話で経過をフォローする体制を構築しています。

できるだけ待ち時間を減らすために、診療の流れを効率化し、スタッフ同士の連携を図っています。

院内にフリーwifiを設置し、スマホの充電も可能です。

支払いは、クレジットカードと電子マネーに対応していますので、現金を持ち歩く必要はありません。

これらは私が患者さんの立場として病院に望んでいたことを、1つ1つ実現しました。

日帰り手術の効率化

アカウント(ID)を登録しないでネット予約できるシステムを導入し、24時間いつでも初診予約を受けつけています。

事前問診システムを利用することで、診療の効率化を図っています。

日帰り手術は自己管理が重要ですが、説明を1度聞いただけでは忘れてしまうので、案内のパンフレットを用意し、重要なポイントをご説明します。

周術期の管理はクリニカルパスを運用し、定型化した手順を決めることで、効率化を図るとともに診療の質を確保しています。

日帰り手術なら入院費用がかかりませんが、医療機関にとっては大幅な減収となってしまいます。

日帰り手術に特化し、無駄なコストをかけないことで、医療費削減に貢献できるように努力しています。

効率化を図ることは、同時に安全性や快適性にも繋がっていると思います。

3つの重要なコンセプトについて

安全性>快適性>効率化の順に重要だと考えています。

私ならこんなクリニックで日帰り手術を受けたいという希望を具現化していったら、このようなクリニックになりました。

鼠径ヘルニアと虫垂炎の2つの病気だけに特化したクリニックは、これまで聞いたことがありません。

診療対象を絞って機能を特化し、より良い日帰り手術を提供できるように努めて参ります。

埼玉外科クリニックのロゴ

〜鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術を日帰りで〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の日帰り手術に関するご相談は、埼玉外科クリニックへ。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下公治が、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を行っています。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

受診予約はこちら

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
関連記事

埼玉大宮で鼠径ヘルニア(脱腸)の専門診療!鼠径ヘルニアを専門に研鑽を積み、日本でもまだ数少ない内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)であるヘルニア外科医 松下公治が、埼玉大宮で鼠径ヘルニアの診療を行っています。埼玉外科クリニックは[…]

受付、埼玉外科クリニック、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術に特化した日帰り手術専門クリニック。院長の松下公治が手術を執刀し、個別化した低侵襲手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268 エイコービル3階
048-650-2555
診療時間:9〜17時(休診:水曜・日曜・祝日)【完全予約制】
JR大宮駅西口徒歩3分

CTR IMG