本

超便利!無料の英語翻訳サイトとは?【Shaper&DeepL】

質問者
「無料で英語を翻訳する方法はありませんか?」
外科医 松下
「私が使っている無料で英語を翻訳してくれるサイトと、その使い方を紹介します。」

英語を無料で翻訳してくれるサイトとは?

本

以前はGoogle翻訳を使っていましたが、現在は主にShaper&DeepLを使っています。高速でより自然な文章に翻訳してくれます。使いこなすには、ちょっとしたコツがありますので説明します。

英語を日本語に翻訳するための唯一のコツ

英文をコピペすると、行末の改行やハイフネーションのために、文章の区切りが乱れます。すると、翻訳がおかしくなってしまうので、修正してから翻訳した方がいいです。

以前は手作業で行う必要がありましたが、Shaperが自動でやってくれます。枠に英文をコピペして、「DeepLで翻訳する」のボタンを押すだけです。
» Shaperで翻訳

日本語を英語に翻訳するための3つのコツ

  • 日本語の主語は省略せず、主語・述語を意識して文章を書く。
  • 文章の構造を短く単純にする。
  • 漢字で翻訳しやすい言葉を使い、はっきりとした文章を書く。

日本語を英語に翻訳するためのコツは、日本語を書く時に英語で書かれた文章を意識することです。日本語と英語には文章の構造に大きな違いがあるので、これを意識することで、より正確な英語に翻訳できます。

翻訳サイトはDeepLが最高です。上手に使うことで、大幅に時間短縮を図ることができます。使い方は、枠に日本語をコピペするだけです。言語は自動認識されますが、間違っている時は選択する必要があります。
» DeepLで翻訳

英文の文法をチェックするには?

完成した英文の文法をチェックしてくれるサイトが、Grammarlyです。無料版でも誤りをチェックするには十分です。
» Grammarlyで文法チェック

ブラウザ上で自動翻訳するには?

ブラウザをGoogle Chromeにすることで、自動翻訳ができます。それほど正確ではありませんが、概要を理解する程度には使えます。
» Google Chrome

まとめ:ShaperとDeepLを使いこなすことで、英語を無料で翻訳することができます。

・ 「Shaper」に英文をコピペするだけで、英語を日本語に翻訳できます。
・ 英語で書かれた文章を意識しながら日本語を書き、「DeepL」にコピペすることで、日本語を英語に翻訳できます。

 

外科医 松下
「英語を翻訳するには、英語力アップも必要ですが、便利なツールを使いこなすことで、効率化を図れます。」