外科医

外科医とは?外科医になるには?【仕事内容】

質問者
「外科医ってどんな医者ですか?外科医になるにはどうしたら良いのでしょうか?」
ヘルニア外科医 松下
「外科は普段受診する機会が少なく、馴染みのない人も多いと思います。外科医として働いている私がその疑問に答えます。」

外科医とは?

外科医
外科医とは病気を手術で治す医師のことです。

それに対して、内科医は病気を薬や内視鏡などで治す医師のことです。

実際にはもっと細かく分かれているので、外科医という言い方は曖昧な表現で、消化器外科医のことを外科医と呼んでいることも多いです。

では、外科医はどんな仕事をしているのでしょう?

外科(消化器外科)とは消化器疾患の外科手術を専門とする診療科のことで、一言で言えば、お腹の手術を得意とする科です。

外科治療の対象となる病気は、鼠径ヘルニア、虫垂炎、胆石胆のう炎、痔核などの良性疾患や、大腸がん、直腸がん、胃がんなどの消化器がん(悪性腫瘍)、腸閉塞、消化管穿孔などの腹部救急疾患です。

仕事の内容は、手術がメインですが、他にも外来診療、病棟回診、処置、内視鏡検査、救急診療、若手医師の教育、カンファレンス(症例検討など)、書類や病歴要約の作成、学会発表、論文執筆など様々な仕事があります。

外科医の職業としての魅力は何ですか?

外科医となり、今まで続けてきた一番の理由は、なんと言っても手術が面白いからです。

手術をしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

いくら手術をしても、人体の構造や病気は個々に違っていて、そこから学ぶことは無限に広がっています。

手術を繰り返すことで、技術の向上が目に見えて表れ、自分の成長を実感できます。

外科手術は日々進歩し、開腹手術だけでなく、今では腹腔鏡手術ロボット手術も行われるようになりました。

まるで自分がお腹の中に入っているような感覚で手術することができ、その鮮明な映像には感動します。

手術の進歩は留まることを知らず、一生を賭けても、興味が尽きることは決してありません

外科医の仕事は大変ですか?

医師数は増えているにも関わらず、実は外科医の数が少しずつ減っています

その理由として、時間外勤務が多いなどの過重労働の問題や、責任が重くリスクの高い仕事が多いことなどが一因と言われています。

人の命を預かって手術をしますので、緊張しますし、プレッシャーがあるのも事実です。

そうしたことを考えると、大変な一面もあるかもしれません。

しかし、責任がある仕事をできる充実感もあります。

手術をした患者さんが元気に退院し、そして患者さんやその家族に喜ばれることがあれば、これほど嬉しいことはありません

大変だったことは忘れてしまい、次の仕事の糧になります。

外科医に向いているのはどんな人でしょうか?

外科医は職人的な側面がありますので、手術などの技術を追究したい人に向いているかもしれません。

メンタル・向上心・探究心が強い方がいいと思います。

外科医として一人前になるには、学生時代も含めると20年以上かかりますので、自分の成長を楽しめる人の方がいいかもしれません。

また、患者さん、家族と密接に関わるので、コミュニケーション能力が高いことも重要です。

チームのリーダーシップの役割を担うことも多いです。

最初からこうした能力を持っている人ばかりではないので、仕事をしながら身につけてもいいと思います。

外科医の待遇・給料・年収

医師の平均年収は1,440万円で、日本で勤務医として働く場合、診療科が違ってもほとんど同じで、年功序列です。

ただし、働く病院によってその基準は違い、人気が高い病院・地域ほど給料は低く、そのため、都内の大病院ほど給料が低い傾向があります。

通常は週5日勤務、週休2日で、更に当直という夜勤が週1回程度、緊急手術のオンコール(待機)が週1回程度あります。

外科の仕事は、定時で終わらないこともあり、夜間や土日に緊急手術となることもあります。

仕事の3Kである、きつい、汚い、危険のどれもが当てはまります。

勤務条件や実際の勤務状況は病院によって異なり、急性期病院ほど忙しくなります。

外科医になるには?

外科医(医師)になるまで、そして、その後のキャリアについて説明します。

  1. 高校
  2. 大学医学部 6年間
  3. 医師国家試験 合格すると医師免許証を取得
  4. 臨床研修 2年間
  5. 外科専門医の研修 3年間
  6. サブスペシャリティに分かれて修練を重ねる – 消化器外科専門医
  7. 更に専門分野を極める – 内視鏡外科技術認定医

1. 高校

高校を卒業するまでは、他の職業と変わりません。

医師になるためには、大学医学部の入学試験に合格するのが必須条件です。

受験に必要な科目数が多く、小論文や面接が課されることも多いです。

残念ながら秘訣はなく、地道な努力が必要で、モチベーションがないと続きません。

2. 大学医学部

6年間大学に通い、一般教養・基礎医学・臨床医学などの座学を学び、臨床実習(病院での実習)を行います。

医学部はほとんどの単位が必須ですので、単位が取れないと留年します。

基礎医学の解剖学で人体解剖の講義が始まると、医学部らしい授業になります。

基礎医学までを修了したら、ようやく臨床医学が始まり、病気の診断や治療について学びます。

座学が修了したら、ベットサイドでの臨床実習が始まります。

大学医学部を卒業すると、医師国家試験の受験資格を取得できます。

医学部のカリキュラム

【一般教養】
英語、独語、仏語、ラテン語、医療統計学、医療情報学、医療社会史、有機化学、細胞生物学、発生学、実験動物学、社会学、臨床倫理学など
【基礎医学】
解剖学、組織学、生化学、生理学、病理学、免疫学、薬理学、微生物学、寄生虫学、公衆衛生学、法医学など
【臨床医学】
内科学(循環器・消化器・呼吸器・腎臓・神経・内分泌・代謝・血液・感染症・膠原病)、外科学、小児科学、産婦人科学、精神医学、整形外科学、皮膚科学、泌尿器科学、眼科学、耳鼻咽喉科学、放射線医学、麻酔学、脳神経外科学、リハビリテーション医学、東洋医学、歯科口腔外科学、老年医学、救急医学、地域医療学など

3. 医師国家試験

大学6年生の冬に医師国家試験を受験します。

必死に勉強しないと合格点を取るのは難しく、不合格だと1年間浪人します。

合格率は毎年90%程度で、2021年度は91.4%でした。

合格すると医師免許証を取得し、医師となります。

4. 臨床研修

医師として2年間の臨床研修を受けます。この時期は研修医と呼ばれ、給与をもらい働きながら学びます。

全ての医師は、内科や外科、救急など様々な診療科で研修し、医師としての基礎的な知識、技術を身につけます

医師として診療に従事するためには、臨床研修を修了することが必須です。

5. 外科専門医の研修

外科専門医になるためには、その後3年間の研修を行います。

ここから外科医としての修練が始まり、難易度の低い手術から執刀します。

研修プログラム修了後に、外科専門医試験を受けて合格すると、外科専門医を取得できます。

外科専門医を取得すると、外科医としての基礎が身についたと言えます。

6. 専門分野に分かれて修練を重ねる – 消化器外科専門医

外科専門医を取得しても、まだまだ未熟な部分があるので、働きながら、更に経験を積んでいきます。

外科医の場合は、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺外科、内分泌外科といった専門分野に分かれます。

消化器なら、消化器外科専門医の取得を目指して修練を重ね、少しずつ難度の高い手術を執刀します。

消化器外科専門医を取得すると、外科医として一人前と言えます。

7. 更に専門分野を極める – 内視鏡外科技術認定医

消化器外科専門医を取得した後は、指導医としての力量が求められるようになります。

更に専門分野を極める一つとして、内視鏡外科技術認定医の取得があります。

内視鏡外科技術認定医とは、内視鏡外科手術(腹腔鏡手術)を安全かつ適切に施行する技術があり、かつ指導する技量があることを認定する資格制度です。

手術の実績、学術的な業績に加え、手術動画も審査されます。

それだけに最難関の資格で、経験豊富な外科医が挑んでいるにも関わらず、合格率は25%程度です。

内視鏡外科技術認定医を取得すると、内視鏡外科手術の指導医として一人前と言えます。

その後は学会評議員として学術的に活躍したり、病院で中心的な役割を担ったり様々です。

日本の医師や専門医の人数

  • 医師:339,623名(2020年12月現在)
  • 外科専門医:24,342名(2022年1月現在)
  • 消化器外科専門医:8,547名(2022年1月現在)
  • 内視鏡外科技術認定医:消化器外科2,660名、ヘルニア117名(2022年1月現在)

キャリアガーデンに外科医の職業紹介の記事が掲載されました

キャリアガーデンより執筆依頼があり、2本の記事を執筆しました。

【職業口コミ】外科医になって、 面白くて充実した人生を送りませんか?
【専門職コラム】あなたも外科医を目指してみませんか? 面白くて充実した人生を!

キャリアガーデンは、「なりたいが見つかる職業情報サイト」というコンセプトで、約600もの職業に関する情報を提供しています。

現場で働いている人の生の声を掲載しているので、とても参考になりそうです。

学生向けに書いた記事ですが、よろしければご覧ください。

まとめ:外科医はプレッシャーを感じることもありますが、やりがいがあり面白い職業です。

・ 外科医になるには、まず大学医学部に合格する必要があります。
・ 外科医のキャリアは、外科専門医、消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医と進んでいきます。

 

ヘルニア外科医 松下
「外科医に興味をもってくれた人がいれば嬉しいです。外科医は一生を賭けて挑むだけの面白さに溢れた仕事です。」

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG