外科医

外科医ってどんな医者ですか?外科医になる方法は?

質問者
「外科医ってどんな医者でしょうか?」
外科医 松下
「外科は普段受診する機会が少なく、馴染みのない人も多いと思います。外科医として働いている私がその疑問に答えます。」

外科医ってどんな医者?

外科医
医師は外科医と内科医に大きく分けられ、病気を手術で治すのが外科医手術以外の薬や内視鏡などで治すのが内科医です。実際にはもっと細かく分かれているので、外科医という言い方は曖昧な表現です。消化器外科医のことを外科医と呼んでいることも多いです。

では、外科医はどんな仕事をしているのでしょう?

外科(消化器外科)とは消化器疾患の外科手術(開腹手術、腹腔鏡下手術、ロボット支援下手術)を専門とする診療科のことです。一言で言えば、お腹の手術を得意とする科です。

頻度の高い病気は、鼠径ヘルニア、虫垂炎、胆石胆のう炎、痔核などがあります。また、大腸がん、直腸がん、胃がんなどのがん治療も行っています。救急疾患としては、腸閉塞、消化管穿孔などがあり、こうした病気を主に手術で治療しています。

消化器にはどんな臓器があるの?

消化器とは食物を体内に摂取し、消化、吸収、運搬、貯蔵、排泄を行う器官で、以下のように結構たくさんの臓器があります。

  • 食道:長さは約25cmで、胃まで食物を送ります。
  • 胃:食物を貯めて、胃液で消化します。
  • 小腸:長さは約6mあり、栄養の吸収を行います。十二指腸、空腸、回腸に分けられます。
  • 大腸・直腸:約1.5mあり、主に水分の吸収を行います。
  • 肛門:肛門括約筋で制御しながら、便を排出します。
  • 肝臓:約1〜1.5kgあり体内最大の臓器です。糖・アミノ酸・脂質などの様々な代謝や解毒を担っています。消化酵素の胆汁を作ります。
  • 膵臓:消化酵素やインスリン(血糖を調節するホルモン)を作ります。
  • 胆嚢:胆汁を貯めておき、食物の刺激で収縮して胆汁を分泌します。
  • 胆管:胆汁を肝臓から十二指腸まで運ぶ管です。
  • 脾臓:リンパ球を成熟させて免疫機能を担います。

外科医の仕事は大変ですか?

医師数は増えているにも関わらず、実は外科医の数が少しずつ減っています。その理由として、時間外勤務が多いなどの過重労働の問題や、責任が重くリスクの高い仕事が多いことなどが一因にあると言われています。そうしたことを考えると、大変な面もあるかもしれません。

しかし同時に、やりがいがある仕事でもあり、自分が手術をした患者さんが元気に退院していくことは、とても嬉しいものです。手術を繰り返すことで、技術の向上が目に見えて表れ、自分の成長を実感できます。多くの外科医に会ってきましたが、充実した人生を送り、仕事を楽しんでいる人が多い気がします。

また、手術だけでなく、内視鏡治療、薬による治療、放射線治療など、幅広い知識と技術を習得し実践することができます。

今では、腹腔鏡下手術といって、開腹手術ではなく、小さな穴を開けて行う低侵襲手術もあります。更に、ダビンチを用いたロボット支援下手術も広がりつつあり、まるでお腹の中に自分が入って手術しているようなことまでできる時代になりました。

外科医(医師)になるにはどうしたらいいの?

外科医(医師)になるまで、そして、その後のキャリアについて説明します。

  1. 高校
  2. 大学医学部 6年間
  3. 医師国家試験 合格すると医師免許証を取得
  4. 臨床研修 2年間
  5. 外科専門医の研修 3年間
  6. サブスペシャリティに分かれて修練を重ねる
  7. 更に専門分野を極める – 日本内視鏡外科学会 技術認定制度

1. 高校

高校を卒業するまでは、他の職業と変わりありません。医師になるためには、大学医学部に合格する必要があり、これが最も高い壁です。

受験に必要な科目数が多く、小論文や面接が課されることも多いです。学力は最低条件ですので、しっかり勉強する必要があります。

最近では海外の大学医学部を卒業し、日本での医師を目指す人も増えていますが、まだまだ少数です。

2. 大学医学部

大学医学部に入学し、6年間通います。一般教養・基礎医学・臨床医学などの座学を学び、臨床実習(病院での実習)を行います。医学部はほとんどの単位が必須ですので、試験に落ちて単位が取れないと留年します。

基礎医学の解剖学で人体解剖の講義が始まると、医学部らしい授業になってきます。基礎医学までを修了したら、ようやく臨床医学が始まり、各診療科の病気について、その診断や治療について学びます。座学が修了したら、ベットサイドでの臨床実習が始まります。

大学医学部を卒業することで、医師国家試験の受験資格を取得できます。

医学部カリキュラムの概要

【一般教養】
英語、独語、仏語、ラテン語、医療統計学、医療情報学、医療社会史、有機化学、細胞生物学、発生学、実験動物学、社会学、臨床倫理学など
【基礎医学】
解剖学、組織学、生化学、生理学、病理学、免疫学、薬理学、微生物学、寄生虫学、公衆衛生学、法医学など
【臨床医学】
内科学(循環器・消化器・呼吸器・腎臓・神経・内分泌・代謝・血液・感染症・膠原病)、外科学、小児科学、産婦人科学、精神医学、整形外科学、皮膚科学、泌尿器科学、眼科学、耳鼻咽喉科学、放射線医学、麻酔学、脳神経外科学、リハビリテーション医学、東洋医学、歯科口腔外科学、老年医学、救急医学、地域医療学など

3. 医師国家試験

大学6年生の冬に医師国家試験を受験します。過去問を解いて必死に勉強しないと、合格点を取るのは難しいです。不合格だと1年間浪人します。合格率は毎年90%程度で、2021年度は91.4%でした。合格すると医師免許証を取得し、医師となります。

4. 臨床研修

医師として2年間の臨床研修を受けます。この時は研修医と呼ばれ、給与をもらい働きながら学びます。全ての医師は、内科や外科、救急など様々な診療科で研修し、医師としての基礎的な知識、技術を身につけます。

5. 外科専門医の研修

外科専門医になるためには、その後3年間の研修を行います。研修プログラム修了後に、外科専門医試験を受けて合格すると、外科専門医になれます。

6. サブスペシャリティに分かれて修練を重ねる

外科専門医になった時点で、何でもできるようになったわけではありません。まだまだ未熟な部分があるので、働きながら、更に修練を重ねていく必要があります。

外科医の場合は、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺外科、内分泌外科といったサブスペシャルティ(専門分野)に分かれます。消化器に特化して外科手術を学び、消化器外科専門医の取得を目指します。

7. 更に専門分野を極める – 日本内視鏡外科学会 技術認定制度

外科専門医、消化器外科専門医となった後に、更に内視鏡外科(腹腔鏡下手術)の指導する技量を評価され、認定される資格があります。それが、技術認定医です。

日本内視鏡外科学会 技術認定制度とは、内視鏡下手術を安全かつ適切に施行する技術があり、かつ指導する技量があることを認定する日本独自の制度です。手術の実績、学術的な業績に加え、手術動画を提出して審査を受けます。それだけに最難関の資格で、経験豊富な指導医レベルの医師らが挑んでいるにも関わらず、合格率は25%程度です。

日本の医師や専門医の人数

  • 医師:327,210名(2018年12月現在)
  • 外科専門医:24,342名(2021年7月現在)
  • 消化器外科専門医:7,940名(2021年7月現在)
  • 技術認定医:消化器外科で2,660名、ヘルニアで122名(2021年7月現在)

まとめ:外科医は責任が重い仕事ですが、やりがいもあり楽しいです。

・ 外科医になるには、まず大学医学部に合格する必要があります。
・ 外科医のキャリアは、外科専門医、消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医と進んでいきます。

 

外科医 松下
「外科医に興味をもってくれた人がいれば嬉しいです。外科医は人生をかけて挑むだけの面白さに溢れた仕事です。」