dual display

快適なデュアルディスプレイ【作業がはかどります】

デュアルディスプレイを使っていますか?

デュアルディスプレイとは、複数のディスプレイ(モニター)を使用する機能のことです。

私はMacBook Proの16インチに、24.1インチのモニターを繋げて作業しています。

24.1インチのモニターは、A3を原寸大で表示できるので、A4見開きで資料を広げられます。

シングルモニターと比較すると、とても快適で、作業効率が格段に良くなります。

23.8インチや24.1インチのモニターは、お手頃価格ですので、コスパ良く作業環境を改善できます。予算や机の広さが十分であれば、27インチ以上のモニターも選択肢です。

ディスプレイを選ぶ際には、パソコンとの接続端子をどれにするかが重要です。私はUSB Type-CやHDMIを使っていますが、USB Type-Cは配線がシンプルで気に入っています。

クラムシェルモードといって、パソコン本体のディスプレイを閉じたまま、外部ディスプレイを使う方法もあります。

私は、本体のキーボードやトラックパッドを使いたかったので、今はこの機能を使っていません。

デュアルディスプレイは、わずかな投資で、作業効率を数倍に高めてくれます。

埼玉外科クリニックのロゴ

〜鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術を日帰りで〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の日帰り手術に関するご相談は、埼玉外科クリニックへ。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下公治が、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を行っています。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

受診予約はこちら

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
関連記事

埼玉大宮で鼠径ヘルニア(脱腸)の専門診療!鼠径ヘルニアを専門に研鑽を積み、日本でもまだ数少ない内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)であるヘルニア外科医 松下公治が、埼玉大宮で鼠径ヘルニアの診療を行っています。埼玉外科クリニックは[…]

受付、埼玉外科クリニック、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術に特化した日帰り手術専門クリニック。院長の松下公治が手術を執刀し、個別化した低侵襲手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268 エイコービル3階
048-650-2555
診療時間:9〜17時(休診:水曜・日曜・祝日)【完全予約制】
JR大宮駅西口徒歩3分

CTR IMG