考え

事実と意見の違い【明確に区別できていますか?】

  • 2021年3月3日
  • 2021年3月6日
  • 雑談

記事や書物、論文などを読んでいて、最近、気になることがあります。

それは、書かれている内容が事実なのか、それとも筆者の意見なのか、どちらなのかということです。あたかも筆者の意見が事実のように書かれていると、読む人に正しい判断力が無いと、誤解を生じる恐れがあります。

特に論文を執筆する時には、明確に区別する必要があります。例え論文でなくても、混同した文章は非常に読みづらいです。意見を述べる時には、根拠となる事実が重要です。

外科医という仕事柄、患者さんやご家族に病状の説明をする機会が多いです。そうした時には、事実としてわかっていることと、外科医としての意見は明確に分けて説明するようにしています。意見も重要なのはよくわかりますが、それは事実ではなく、主観的なものだからです。

自分自身が書いたり話したりする時に意識することも大切ですが、他人の文章を読んだり、話しを聞いたりする時も、事実と意見の違いを意識することが大切だと思いました。