父親

父親が子どものためにできることは?【私の実感】

父親が子どものためにできることは、子どもが成長するための機会(きっかけ)をつくり、それを協力的に見守ることです。

父親になってみてわかったのは、父親が子どものためにできることはたくさんあるものの、一方で、大してないことです。

子どもの成長は驚くほど速く、父親ができることなんてほんのわずかに過ぎません。

子どもが父親の影響を受けているのは確かですが、実際は学校などの社会の中で揉まれて成長します。

父親ができることは、様々な機会をつくり、たくさんの経験を積ませることです。

そしてそれをサポートして見守ることぐらいでしょうか。

これまでにも、良かれと思ってやってみたことが、うまくいかないことはたくさんありました。

何となくやってみたことが、ハマることもありました。

実際にやってみないと、わからないものです。

まずはやらせてみることで、熱中するものが見つかるはずです。

子どもが大人になった時、自分には存在価値があると思える場を持って欲しいものです。

それは、仕事かもしれませんし、違うかもしれません。

それを見つけるためにも、たくさんの経験から学ぶことが何より重要です。

父親が子どものためにできることは、子どもが成長するための機会をつくり、それを協力的に見守ることだと感じました。

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・虫垂炎の日帰り手術専門病院。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下が手術を執刀し、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

CTR IMG