仲間

胆嚢ポリープを放置すると?

質問者
「胆嚢ポリープを放置するとどうなりますか?」
ヘルニア外科医 松下
「胆嚢ポリープは症状がなく、検診で発見されることが多い病気です。外科医の私が、胆嚢ポリープに関する疑問に答えます。」

胆嚢ポリープとは?

家族
胆嚢(たんのう)ポリープとは、胆嚢内腔にできた隆起性病変のことです。

多くは良性のコレステロールポリープです。

精密検査を行い悪性(胆嚢がん)の可能性が低ければ、手術をしなくても大丈夫です。

1度だけの検査では胆嚢がんの可能性を否定しきれないので、その後も定期的に超音波検査を行い、胆嚢がんの可能性がないか確認することが大切です。

広基性のポリープや、増大傾向のポリープ、10mmを超えるポリープは胆嚢がん(悪性)の可能性が否定できないため、手術が勧められます。

胆嚢とは何ですか?

胆嚢(たんのう)とは、右上腹部にある臓器で、胆汁を貯めておき、食物の刺激で収縮して胆汁という消化液を分泌しています。

胆汁は肝臓で作られ、胆管を通り十二指腸に分泌され、脂肪を消化します。

胆管の途中に胆嚢があり、胆汁を濃縮貯蔵しておくための袋の役割をしています。

胆嚢腺筋症とは?

胆嚢腺筋症(せんきんしょう)とは、Rokitansky-Aschoff sinus(RAS)の増殖によって、胆嚢壁が肥厚した状態です。

基本的には経過観察ですが、腹痛や吐き気、腹部膨満感などの症状があったり、胆石や胆嚢炎を合併している場合、胆嚢がんの可能性を疑う場合は手術することがあります。​

胆嚢ポリープを放置するとどうなりますか?

良性の胆嚢ポリープであれば、そのまま放置していても大丈夫です。

ただし、良性か悪性かを見分けるのが難しく、1度だけの検査では判断ができないので、定期的な検査が必要になることもあります。

悪性の可能性が疑われるときは、手術が勧められます。

放置してもよい良性ポリープかどうか主治医に確認し、手術の必要性について相談することをお勧めします。

胆嚢ポリープに対する腹腔鏡手術による治療

手術の適応がある場合は、手術で胆嚢を摘出します。

腹腔鏡手術開腹手術がありますが、現在では腹腔鏡手術を選択されることがほとんどで、本邦ガイドラインでも推奨されています。

腹腔鏡手術は、全身麻酔下にお腹に4ヶ所穴を開け、腹腔鏡という5mmのスコープを用いて胆嚢を摘出します。開腹手術に比べると、傷が小さく、回復が早いのが利点です。

胆嚢を体外に取り出すため、臍の傷は2cm程度に広がりますが、少しでも広がらない工夫をしています。

炎症が高度の場合は、途中で開腹手術に移行することがあります。

手術時間は約1時間で、一般的には翌日から食事を開始し、術後2日目以降に退院します。

退院後は日常生活に制限はありませんが、脂っこいものはしばらく控えた方がいいです。吸収糸で縫いますので、抜糸は不要です。

腹腔鏡手術と開腹手術の比較

腹腔鏡手術開腹手術
傷口5mmの傷が3ヶ所と臍の傷約10cmの大きな傷
痛み軽い痛い
手術時間約1時間約1時間
体への負担小さい大きい
術後の癒着少ないやや多い
入院期間約4日約8日
退院後の復帰早い遅い

胆嚢を手術で取っても大丈夫ですか?

胆嚢は胆汁を濃縮貯蔵しておくための臓器です。

胆嚢を摘出しても、胆汁は今まで通りに分泌されますので、ほとんど影響はありません。

手術直後は脂っこいものを食べると軟便や下痢をする人がいますので、少し控えめにした方がいいです。

傷が目立ちにくい手術はありますか?

単孔式腹腔鏡手術といって傷が臍の1ヶ所のみで行う腹腔鏡手術もあり、傷がほとんどわからないように手術することも可能です。

更に2-3mmの細径鉗子を併用することで、臍の傷を小さくできるので、従来の単孔式腹腔鏡手術よりも痛みを軽くすることができます。

胆嚢摘出術の合併症は?

術中合併症として、胆管損傷、出血、他臓器損傷などがあります。

術後合併症として、後出血、胆汁漏、創感染、肩痛、皮下気腫などがあります。

胆道がん診療のガイドライン

胆道癌診療ガイドライン改訂第3版(医学図書出版)が日本肝胆膵外科学会等から出版されています。

» 胆道癌診療ガイドライン改訂第3版

まとめ:胆嚢ポリープの多くは良性ですが、広基性のものや10mmを超えるものはがん(悪性)の可能性が否定できないため、手術が勧められます。

・ 胆嚢ポリープとは、胆嚢内腔にできた隆起性病変のことです。
・ 胆嚢を摘出する手術は、腹腔鏡手術が推奨されています。

 

ヘルニア外科医 松下
「胆嚢ポリープでまず知ってほしいポイントをお話ししました。病状や年齢、基礎疾患などによって、個々の治療方針は違ってきますので、主治医とよく相談することが大切です。」
関連記事

質問者「胆石(胆嚢結石症)とはどんな病気ですか?」ヘルニア外科医 松下「胆石は症状のないことが多いものの、様々な病気を引き起こすので、注意が必要です。外科医の私が、胆石の疑問に答えます。」胆石[…]

腹痛

埼玉外科クリニックのロゴ

〜鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術を日帰りで〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の日帰り手術に関するご相談は、埼玉外科クリニックへ。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下公治が、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を行っています。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

受診予約はこちら

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
関連記事

埼玉大宮で鼠径ヘルニア(脱腸)の専門診療!鼠径ヘルニアを専門に研鑽を積み、日本でもまだ数少ない内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)であるヘルニア外科医 松下公治が、埼玉大宮で鼠径ヘルニアの診療を行っています。埼玉外科クリニックは[…]

受付、埼玉外科クリニック、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術に特化した日帰り手術専門クリニック。院長の松下公治が手術を執刀し、個別化した低侵襲手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268 エイコービル3階
048-650-2555
診療時間:9〜17時(休診:水曜・日曜・祝日)【完全予約制】
JR大宮駅西口徒歩3分

CTR IMG