家族

太ももの付け根の膨らみは脱腸かも?

質問者
「太ももの付け根がぽっこり膨らんで違和感がありますが、何が原因ですか?」
ヘルニア外科医 松下
「太ももの付け根が膨らみは脱腸かもしれません。ヘルニア外科医の私が説明します。」

太ももの付け根(鼠径部)の膨らみとは?

太ももの付け根の膨らみ、埼玉外科クリニック、鼠径ヘルニア、脱腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮、朝霞
太もものつけ根のことを、鼠径部(そけいぶ)と言います。

上図では、右足の太ももの付け根(鼠径部)が膨らんでいます。

太ももの付け根がぽっこり膨らむ原因で最も多いのが、鼠径ヘルニア(脱腸)です。

太もものつけ根(鼠径部)が膨らむ原因は、鼠径ヘルニア(脱腸)かも?

太もものつけ根は比較的弱い場所なので、加齢や腹圧などによって、お腹の壁に穴が開いてしまいます。

タイヤがパンクするのと同じような状態です。

太ももの付け根に開いた穴から腸が出てくる病気を、鼠径ヘルニア(脱腸)といいます。

膨らみの大きさはピンポン球から卵ぐらいのことが多く、更に大きくなると太ももの付け根から陰嚢まで膨らんでしまうこともあります。

そのまま放っておくと大きくなったり、痛みが強くなったり、嵌頓(かんとん)して出たまま戻らなくなることがあります。

重い感じ鈍い違和感を伴うことがあり、長時間立っていたり、腹圧がかかると悪化し、横になると楽になります。

頻度は稀ですが、出たまま戻らなくなる(嵌頓)してしまうと、腸が壊死・穿孔したり、腸閉塞になるため、緊急手術が必要になります。

鼠径ヘルニア(脱腸)の初期症状は?

  • 立ち上がったりお腹に力を入れると、太ももの付け根がぽっこり膨らみ、手で押したり横になると戻る
  • 立って太ももの付け根を見ると、膨らみに左右差がある
  • 太もものつけ根に違和感や痛みがある
  • 陰嚢が腫れている
  • 太もものつけ根にしこりの様なものが触れる

これらの症状があったら、鼠径ヘルニアの可能性があります。

悪化するまで放っておかずに、ヘルニア外来に受診しましょう。

鼠径ヘルニアだけでなく、他の病気の可能性もあります。

鼠径ヘルニア(脱腸)の症状チェックで自己診断

鼠径ヘルニアは典型的な症状であれば、自己診断が可能です。

  1. 立ち上がったりお腹に力を入れると、太ももの付け根がぽっこり膨らむ
  2. 立って太ももの付け根を見ると、膨らみに左右差がある。
  3. 手で押したり横になると、ぽっこりした膨らみが戻って無くなってしまう

チェックリストの1-3が全て当てはまる場合、鼠径ヘルニアと自己診断できます。

ヘルニア外来に受診して相談しましょう。

このチェックリスト中で特に大事なのが3です。

膨らみを押すと、クチュクチュッとした感じで戻る場合は、鼠径ヘルニアと確信が持てます。

鼠径ヘルニアは膨らみを押すと脱出していた腸や脂肪がお腹の中に戻ってしまうために、膨らみが無くなってしまいます。

逆に膨らみが無くならない場合は、リンパ節腫脹や腫瘍、水腫など、他の病気を考えて検査する必要があります。

また、女性の鼠径ヘルニアは自己診断が難しいので、受診して相談することをお勧めします。

鼠径ヘルニア(脱腸)は何科を受診すればいいですか?

近くの病院にヘルニア外来があれば最適です。

整形外科の椎間板ヘルニアと間違えることがあるので、注意してください。

多くの病院では、外科・消化器外科で対応していることが多いです。

手術して治す病気なので、手術をすることも念頭において受診する病院を選択するといいです。

鼠径ヘルニアは腹腔鏡による日帰り手術で治せますので、埼玉外科クリニックにご相談ください。

鼠径ヘルニア(脱腸)の診断には、どんな検査をしますか?

鼠径ヘルニアは外科医が診察(感度75%、特異度96%)することで、多くの場合は診断がつきます。

典型的な鼠径ヘルニアであれば、症状や触診だけで診断できます。

立ち上がると鼠径部がぽっこり膨らみ、押すとクチュクチュっと戻る場合は、触っただけで鼠径ヘルニアと診断できます。

鼠径部の膨隆がはっきりしない場合や、腫瘤が触れて押しても戻らない場合などは、他の疾患の可能性も疑う必要があります。

超音波検査(感度86%、特異度77%)やCT検査(感度80%、特異度65%)などを行うことで、他の疾患との鑑別を行います。

私は診察室で超音波検査がすぐにできるように器械を常備しています。立位などの負荷をかけて検査ができるので、非常に有用です。CT検査は腹臥位で撮影することで、より診断の精度を上げることができます。

鼠径ヘルニア(脱腸)があり痛みますが、どうしたら良いですか?

鼠径ヘルニアでは、重い感じの痛みや鈍い違和感を伴うことがあり、出ている腸を戻すと楽になります

いつもと同じ痛みであれば、大抵は心配なく、痛み止めを飲んで対処しても構いません。

しかし、痛みが強くなり、戻そうとしても嵌頓して戻らなくなることがあります。

その時はすぐに救急対応のできる病院に受診しましょう。

外科医が診察して嵌頓が戻らない場合、緊急手術を行い腸を戻しますが、腸が壊死している場合は、腸を切除する必要があります。

太ももの付け根に違和感や痛みだけがありますが、鼠径ヘルニア(脱腸)でしょうか?

鼠径ヘルニアの初期症状として違和感や痛みだけを自覚することがあります。

ただし、膨らみがはっきりしない時は、内科や泌尿器科、整形外科の疾患の可能性が高くなります。

太ももの付け根に腫瘤(しこり)が触れますが、鼠径ヘルニア(脱腸)でしょうか?

太ももの付け根に腫瘤(しこり)を自覚して、手で押しても戻らないことがあります。

鼠径ヘルニアのこともありますが、大腿ヘルニアやヌック管水腫、リンパ節腫大、皮膚科疾患(腫瘍や膿瘍)など様々な原因が考えられます。

まとめ:太ももの付け根が膨らむ原因の代表は鼠径ヘルニア(脱腸)です。

・ 鼠径ヘルニアは、太もものつけ根(鼠径部)が膨らんで、腸がぽっこり出てくる病気です。
・ 太ももの付け根の症状は様々あり、鼠径ヘルニア以外の原因もありますので、ヘルニア外来で相談しましょう。
・ 外科医が診察すれば、ほとんどの場合は診断できます。必要に応じて超音波検査やCT検査を追加します。

 

ヘルニア外科医 松下
「典型的な症状では鼠径ヘルニアの診断は難しくありませんが、他の病気の可能性もあります。鼠径ヘルニアを疑った時はヘルニア外来に受診し、主治医によく相談することが大切です。」
関連記事

質問者「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せますか?」ヘルニア外科医 松下「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せます。ヘルニア外科医の私が鼠径ヘルニアの日帰り手術について疑問に答えます。」鼠径ヘルニア(脱[…]

家族

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG