鼠径ヘルニアの手術費用

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術費用はいくらですか?

質問者
「鼠径ヘルニアの日帰り手術を受ける予定ですが、手術費用はいくらですか?」
ヘルニア外科医 松下
「鼠径ヘルニアの手術費用について、ヘルニア外科医の私が疑問に答えます。」

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術費用はいくらですか?

手術費用、埼玉外科クリニック、鼠径ヘルニア、脱腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮、上尾
鼠径ヘルニアは保険診療で手術が受けられますので、同じ手術であれば手術費用は全国一律で、どの病院、どの医師にかかっても同じです。

ただし、日帰り手術の場合は、入院費用が発生しないため、その分だけ安くなります。

鼠径ヘルニアは腹腔鏡による日帰り手術で治せますので、埼玉外科クリニックにご相談ください。

自己負担額は年齢保険の負担割合で決まります。

保険が3割負担の場合、腹腔鏡による片側鼠径ヘルニアの日帰り手術は、自己負担額が約12万円になります。

両側を同時に手術した場合、手術自体は同額ですが、材料費などが加わり、自己負担額が約1万円ぐらい増えます。

さらに、高額療養費制度があり、年収によって自己負担額の限度額が決まっています。

例えば、69歳以下で年収が約350万円の方は、自己負担額が57,600円に減ります。

腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術の自己負担額

限度額の適応区分年収69歳以下での自己負担額70歳以上での自己負担額
ア、イ約770万円以上約12万円で変わらず約12万円で変わらず
約370-770万円約8万円約8万円
約370万円以下57,600円18,000円
住民税非課税者35,400円8,000円

» 高額療養費制度の詳しい説明(厚生労働省保険局)

この手術費用に加えて、検査費用なども若干かかります。

このように自己負担額の計算は複雑なので、事前に受付窓口で概算を確認することできます。

手術前に限度額適応認定書を申請して持参することで、窓口での支払い額が減りますので、事前に申請することをお勧めします。

鼠径部切開法と比較して腹腔鏡手術の手術費用は高いですか?

手術手技の単価については、鼠径部切開法が片側では6,000点、両側では12,000点腹腔鏡手術が片側でも両側でも22,960点です(金額=点数×10円)。

よって、手術手技の単価は、鼠径部切開法よりも腹腔鏡手術の方が高いです。

入院せずに日帰りで手術をすると入院費がかからないため、鼠径部切開法で日帰り手術をした場合が最も安くなります。

しかし、日本においては健康保険制度が非常に充実していて、高額療養費制度も使えば、自己負担額は大幅に減ります。

保険が3割負担の場合、局所麻酔で行う鼠径部切開法の自己負担額は片側で約5万円、両側で約7万円ですので、年収370万円以上の適応区分ア〜ウに該当する場合は鼠径部切開法の方が安く、年収370万円以下の適応区分エ、オに該当する場合は差がありません。

ただし、この比較は自己負担額だけしかみておらず、実際には社会的負担も重要です。

例えば、国税庁によると日本人の平均年収は461万円です。

その場合の自己負担額は、鼠径部切開法が片側で約5万円、両側で約7万円、腹腔鏡手術が片側でも両側でも約8万円となり、片側なら約3万円の差、両側なら約1万円の差となります。

確かに費用は重要ですが、これまでの医学文献による報告では、鼠径部切開法と比較して腹腔鏡手術の方が、傷が小さく、手術後の痛みが少なく、日常生活復帰や社会復帰が早いといった利点もあります。

こうした社会的負担も考慮すると、腹腔鏡手術の方がむしろ医療コストが削減される可能性がある」と、日本のヘルニアガイドラインでも指摘しています。

そもそも日本では欧米と比較して自己負担額が非常に低いため、自己負担額よりもその人の病状にあったを手術方法を選択する方が重要だと私は考えています。

「鼠径ヘルニアはほとんどの患者さんに日帰り手術が勧められる」と私は考えていますが、それは入院よりも日帰りが安いからではなく、病院での滞在時間が短く、日常生活をそのまま続けられるといった点において、社会的負担が少ないことが大きな利点だと感じるからです。

まとめ:鼠径ヘルニア(脱腸)の手術費用の自己負担額は、年齢と保険の負担割合で決まります。

・ 高額療養費制度があり、年収によって自己負担額の限度額が決まっています。
・ 手術前に限度額適応認定書を申請して持参することをお勧めします。

 

ヘルニア外科医 松下
「鼠径ヘルニアの手術費用について説明しました。自己負担額の計算は複雑なので、事前に受付窓口で概算を確認する方がいいです。」
関連記事

質問者「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せますか?」ヘルニア外科医 松下「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せます。ヘルニア外科医の私が鼠径ヘルニアの日帰り手術について疑問に答えます。」鼠径ヘルニア(脱[…]

家族

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG