女性の鼠径ヘルニア

女性の鼠径ヘルニア(脱腸)に特有の症状は?

質問者
「女性の鼠径ヘルニア(脱腸)はどんな症状が特徴的ですか?」
ヘルニア外科医 松下
「鼠径ヘルニアは男性に多いものの、女性にも発症する病気です。ヘルニア外科医の私が、女性の鼠径ヘルニアについてお答えします。」

女性は鼠径ヘルニア(脱腸)になりますか?

女性、埼玉外科クリニック、鼠径ヘルニア、脱腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮、浦和
男性だけでなく、女性も鼠径ヘルニア(脱腸)になることがあります。

鼠径ヘルニアの生涯発症率は男性が27-43%女性が3-6%で、男性は女性よりも約9倍発症するリスクが高い病気です。

男性に比べると女性における発症率は低いものの、疾患そのものの数が多いので、女性にも比較的多い病気です。

女性の鼠径ヘルニア(脱腸)に特有の症状は?

女性の鼠径ヘルニアは、鼠径ヘルニア以外の病気が原因である可能性や、妊娠・月経・子宮内膜症と関連することがありますので、注意が必要です。

鼠径ヘルニアに関連した病気として頻度が高いのは、大腿ヘルニアヌック管水腫です。

また、妊娠時に子宮円索部に静脈瘤ができ、痛みも伴うことがあります。

これらの病気を鑑別し、超音波検査やCT検査を駆使して、正確に診断することが重要です。

女性の場合も、鼠径ヘルニアの症状は、立ち上がったりお腹に力を入れると太ももの付け根がぽっこり膨らみ、手で押したり横になると戻りますので同じです。

ただし、痛みや腫瘤として自覚することが比較的多く、鼠径ヘルニア以外の病気が原因であることも考慮して検査する必要があります。

また、鼠径部の解剖学的構造は男性と違いますので、その違いを考慮して手術を行う必要があります。

関連記事

質問者「女性に多い大腿ヘルニアとはどんな病気ですか?」ヘルニア外科医 松下「大腿ヘルニアは女性に多いヘルニアです。ヘルニア外科医の私が、大腿ヘルニアについて答えます。」女性に多い大腿ヘルニアと[…]

家族
関連記事

質問者「大人の女性に多いヌック管水腫とは?日帰り手術で治せる?」ヘルニア外科医 松下「ヌック管水腫は、女性の鼠径ヘルニアに比較的多い病気です。ヘルニア外科医の私が、ヌック管水腫について答えます。」[…]

ヌック管水腫、女性、埼玉外科クリニック、鼠径ヘルニア、脱腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮、浦和

女性の鼠径ヘルニア(脱腸)は何科に受診したらいいですか?

女性の場合も男性と同じように、近くの病院のヘルニア外来を受診しましょう。

近くにヘルニア外来が無い場合は、外科に受診して相談してみてください。

手術して治す病気なので、手術をすることも念頭において病院を選択するといいです。

鼠径ヘルニア・大腿ヘルニア・ヌック管水腫は、腹腔鏡による日帰り手術で治せますので、埼玉外科クリニックにご相談ください。

女性の鼠径ヘルニア(脱腸)の治療はどんな手術をしますか?

鼠径ヘルニアの治療は、女性の場合も男性と同様に、メッシュを使って穴を塞ぐ手術を行います。

腹腔鏡手術(TAPP法とTEP法)鼠径部切開法(リヒテンシュタイン法)が国際的なガイドラインで推奨されている標準手術です。

日帰り手術では手術後1時間ぐらいで帰宅、入院手術では手術翌日に退院できます。

鼠径ヘルニア以外の原因が見つかった場合は、その病気に応じた治療を行います。

女性の鼠径ヘルニア(脱腸)を放置するとどうなりますか?自然治癒しますか?

女性の鼠径ヘルニアは、自己診断することが難しいです。

鼠径ヘルニア以外の病気がいくつかあり、それらを考慮して診断する必要があるからです。

そのため放置せずに、ヘルニア外来に受診して相談することをお勧めします。

特に大腿ヘルニアであった場合は、嵌頓するリスクが高いため、放置せずに手術することが勧められています。

鼠径ヘルニアの場合は自然治癒することはありませんが、他の疾患では自然治癒するものもあります。

まとめ:女性の鼠径ヘルニア(脱腸)は男性より少ないものの、比較的よくある病気です。

・ 女性の鼠径ヘルニアは、鼠径ヘルニア以外の病気が原因である可能性や、妊娠・月経・子宮内膜症と関連することがあります。

 

ヘルニア外科医 松下
「女性の鼠径ヘルニアの症状についてお話ししました。病状や年齢、基礎疾患などによって、個々の治療方針は違ってきますので、主治医とよく相談することが大切です。」
関連記事

質問者「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せますか?」ヘルニア外科医 松下「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せます。ヘルニア外科医の私が鼠径ヘルニアの日帰り手術について疑問に答えます。」鼠径ヘルニア(脱[…]

家族

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG