病院に初診で受診する時に紹介状は必要か?【損をしないためのポイント】

医療の雑学

疑問

病院に初診で受診する患者「病院に初診で受診しようと思いますが、紹介状は必要ですか?」

こうした疑問に答えます。

本記事の内容

病院に初診で受診する時に、紹介状は必要でしょうか?
紹介状に関して損をしないために、どうしたらいいかを説明します。

毎日のように紹介状のやり取りをしている私が、「病院に初診で受診する時に、紹介状は必要ですか?」という疑問に答えます。

紹介状(診療情報提供書)とは?

書類

紹介状とは、患者さんを他の医療機関に紹介する時に、医師が書く書類のことで、診療情報提供書とも言います。

内容は、紹介する目的や、病状、これまでの治療経過、検査の結果、薬の内容などです。更に、画像データが必要な時は、CD-ROMにコピーして同封することもあります。

普段の病状をよく知っているかかりつけ医が、専門的な検査や治療のために、専門医に紹介するパターンが多いです。

なぜ紹介状が必要か?

紹介状があると、受診した時に病状が把握しやすいのが大きな利点です。元々どんな持病があり、どんな検査をして、何と診断されたかが、すぐに把握できます。画像も同封されていれば、重複して検査をする必要がなくなります。

紹介状がなくても、病院に受診することはできます。しかし、全くの白紙の状態から、診察し、検査、診断していく必要があります。患者さんからの話しだけでは、診断や病状、これまでの治療経過がはっきりせず、推測するしかありません。

専門医に直接受診した場合によくあるのが、専門違いが多いことです。症状だけで患者さんが自己診断して、どの専門医にかかればいいかを判断するのは結構難しいものです。違う専門医に受診してしまうと、本来かかるべき専門医に受診するまでに遠回りしてしまうことがあるので注意が必要です。

紹介状は誰に書いてもらうか?

紹介状を書いてもらうのは、通常かかりつけ医です。何か症状や困ったことがあれば、かかりつけ医に相談し、大抵のことは解決してくれます。必要がある場合は、専門医を紹介してくれると思います。

お薬手帳があれば大丈夫か?

お薬手帳も貴重な情報源です。どの病院に通い、どんな薬を飲んでいるかがわかります。初めて受診する病院には、必ず持参するべきです。ただし、診断名や病状、内服している理由は書いていませんので、これだけでは不十分です。

紹介状の利点と欠点は?

机

紹介状の利点

  • 紹介してもらう必要があるか判断してくれるので、不必要な紹介を減らせる。
  • 良い先生を紹介してもらえる。
  • 紹介先に受診した時に、追加料金(選定療養費)を払う必要がない。
  • 診療が終わったら、紹介先から紹介元に情報提供してもらえる(返事が送られる)。

紹介する先生は、これまでにも数多くの患者さんを紹介をしています。紹介してどうだったか、これまでの経験から、どの病院、どんな先生が良いかをよく知っています。そんな先生が紹介してくれる紹介先は、自分で探した病院よりも良い選択である可能性が高くなります。診療が終わったら、返事の手紙が紹介元に送られます。紹介先での診療内容をかかりつけ医が把握することで、今後の診療に繋がります。

紹介状を持参することで、一見さんではなくなり、紹介患者さんになります。もちろん、どちらでも同様に診察を受けられますし、持参したからと言って、特別な対応をされるわけではありません。

紹介状の欠点

  • 紹介状を書いてもらうのに、受診する必要があり、手間と料金(診療情報提供料)がかかる。
  • 必ずしも良い先生を紹介してもらえるとは限らない。
  • 紹介状を書いてもらいにくい、言いづらいことがある。

良い紹介状を書いてもらうには、普段からかかりつけ医を持っておくことが重要です。症状などがあれば相談し、大抵は解決してくれますが、必要な時には専門医を紹介してもらうと良いです。

紹介状を持参する時の最もネックとなるのは、医師に遠慮して、書いてもらいにくいと思うことです。これは大きな間違いで、医師は毎日のように紹介状のやり取りをしていますので、日常業務の1つに過ぎません。信頼できるかかりつけ医は、適切な時に適切な医師に紹介してくれるはずです。

紹介状が必要ない場合はどんな時か?

緊急を要する病状の時には、紹介状は必要ありません。すぐに救急車などを利用し、救急病院に受診しましょう。受診した後に、必要に応じて医師がかかりつけ医に紹介状を依頼してくれますので大丈夫です。

選定療養費や診療情報提供料の料金はいくらか?

選定療養費とは紹介状なしに大病院に受診した時に支払うもので、全額自己負担で5,000円以上かかります。診療情報提供料は紹介状を発行してもらう時に支払うもので、2,500円なので、3割負担なら750円程度です。条件や施設によって異なりますが、紹介状を持参する方が負担額は少なくなります。

紹介先が不明の状態で、紹介状を書いてもらえるか?

紹介状には紹介先の病院名を書く必要があります。自分から紹介を希望する時は、どこに紹介して欲しいかをはっきりさせておいた方がいいでしょう。

紹介状には期限があるか?

特に期限は定められていません。病状によっていつ受診した方がいいかは違いますので、紹介元の医師に聞くといいです。通常は、早めに受診した方がいいです。1年前の紹介状を持参しても、病状は変わっていますし、紹介状の意味が無くなってしまいます。

病院を変えたい時に紹介状は必要か?

必ず持参して受診した方が良いです。紹介状がないと、どんな病気かもわからない状態で、何を診ればいいかもわからない状態になってしまいます。いつも薬だけもらっているので、それだけ処方して欲しいと希望する人もいますが、薬を処方するためには、その病状を把握する必要がありますし、その責任もありますので、できるだけ避けるべきです。

病院に初診で受診する時の3つのポイントとは?

病院
  1. かかりつけ医に紹介状を書いてもらい、持参しましょう。
  2. お薬手帳を持っていきましょう。
  3. 今後の予定を確認しておきましょう。

大きい病院に受診する時や、専門医に受診する時には、紹介状の利点が大きいです。手術や専門的な治療を受ける時には、是非紹介してもらうことをお勧めします。お薬手帳があると、薬の確認ができますので、是非持参するといいです。受診した時に検査や手術日程を決められるように、1ヶ月程度の予定を確認しておきましょう。

まとめ:病院に初診で受診する時には、紹介状を持っていくことをお勧めします。

この記事のポイントをまとめます。

  • 紹介状とは、患者さんを他の医療機関に紹介する時に、医師が書く書類のことです。
  • 紹介状があると、受診した時に病状が把握しやすいのが大きな利点です。
  • 病院に初診で受診する時には、紹介状とお薬手帳を持参し、今後の予定を確認しておきましょう。
松下公治 写真

松下「紹介状について詳しく説明しました。医療は一人の医師だけで完結するものではありませんので、紹介状はとても大切です。」

医療の雑学のコンテンツ