電子カルテ

埼玉外科クリニックに選ばれた電子カルテは?

前回、オープニングスタッフの募集開始ついて話しました。

今回は電子カルテの選定について話します。

電子カルテに求める条件とは?

iPad
まず、私が電子カルテに求める条件を挙げました。

  • 無床クリニック用
  • クラウド型
  • Macで使えて相性がいい

病院の規模によって最適な電子カルテは異なるので、当院の規模に合った電子カルテを選ぶ必要があります。

電子カルテには、クラウド上にサーバーがあるクラウド型と、院内にサーバーを設置するオンプレミス型があります。

クラウド型は導入や運用コストを低く抑えることができ、サーバーを設置する必要もないので、当院には最適でした。

また、Macをメインに使いたいと思っていたので、それも条件に入れました。

その条件に当てはまる、エムスリーデジカル、CLINICS、CLIUSを候補に挙げました。

エムスリーデジカルを体験してみて

エムスリーデジカルはクラウド型の電子カルテで、レセコンは一体型かORCA連動型を選びます。

エムスリーデジカルスマート診療と組み合わせることで、予約・受付・問診・決済などを全て一括して行えるのが魅力的でした。

定期通院の患者さんが多いクリニックなら、とても便利な機能だと思いましたが、当院にはオーバースペックでしたので、導入を見合わせました。

CLINICS(クリニクス)を体験してみて

CLINICSはクラウド型の電子カルテで、レセプトソフト「ORCA」を内包した一体型です。

オンライン診療予約システムも内包しているので、とても使いやすいと思いました。

価格はお手頃でしたが、iPadに対応していないことが、当院の運用ではネックとなるため、導入を見合わせました。

CLIUS(クリアス)を体験してみて

CLIUSはクラウド型の電子カルテで、レセコンはORCAと連携しますが一体型ではありません。

他と比較して低価格で導入できるのが大きなメリットで、Mac、Windows、iPadで使えます。

カルテの基本性能は使いやすく、Webからの予約経営分析ツールは、とても便利だと思いました。

患者さんがWeb予約などをする時に、専用アプリをインストールしたり、ユーザー登録する必要がないのも、患者さんにとって簡便で良いと思いました。

当院で必要としている機能をバランスよく含んでいたため、最終的にはCLIUSを選びました

最新のクラウド型の電子カルテを体験してみて

今回検討した電子カルテは、どれも使いやすくて、基本機能では大きな差がありませんでした。

使える端末、web予約、問診システム、オンライン診療、決済などの機能に、各々の特徴があり、使い勝手に違いがありました。

クリニックの診療内容によって必要な機能は異なりますので、自分の目で見て体験して見極めることが大切です。

何が必要で、何がいらないかをよく考えると、最適な電子カルテを選ぶことができると思いました。

埼玉外科クリニックのロゴ

〜鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術を日帰りで〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の日帰り手術に関するご相談は、埼玉外科クリニックへ。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下公治が、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を行っています。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

受診予約はこちら

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
関連記事

埼玉大宮で鼠径ヘルニア(脱腸)の専門診療!鼠径ヘルニアを専門に研鑽を積み、日本でもまだ数少ない内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)であるヘルニア外科医 松下公治が、埼玉大宮で鼠径ヘルニアの診療を行っています。埼玉外科クリニックは[…]

受付、埼玉外科クリニック、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術に特化した日帰り手術専門クリニック。院長の松下公治が手術を執刀し、個別化した低侵襲手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268 エイコービル3階
048-650-2555
診療時間:9〜17時(休診:水曜・日曜・祝日)【完全予約制】
JR大宮駅西口徒歩3分

CTR IMG