薬

医師と患者さんでギャップの大きい言葉【標準治療とは?】

質問者
「医師から標準治療を勧められましたが、標準治療とは何ですか?」
ヘルニア外科医 松下
「医師と患者さんの間でギャップの大きい言葉に、標準治療が挙げられます。標準治療とは何か、その疑問に答えます。」

標準治療と最新治療、どちらの方がいいでしょうか?

注射

標準治療とは、これまでの臨床データに基づいて専門家が集まって議論し、その時点での最良の治療のことです。

標準という言葉の意味から、普通の治療だから最良の治療ではないと誤解されてしまうことがあります。

一方、最新治療とは、新しい治療のことで、その効果や安全性は不明です。

もしかしたら効果があるかもしれませんし、効果がなく副作用の強い治療かもしれませんので、実験的な治療になります。

最新治療は臨床試験で評価し、標準治療よりも優れていることが証明できて、はじめて標準治療になります。

残念ながら、多くの最新治療は臨床試験の段階で消えていってしまいます。

ただし、医療の進歩のためには、最新治療の臨床試験が重要であることも事実です。

よって、標準治療とは、その時点で効果が証明されている最良の治療のことであり、最新治療よりも優れていると言えます。

医療保険で出てくる先進医療とは何でしょうか?

先進医療と言えば、医療保険の契約時に聞いたことがあるかもしれません。

先進医療は誤解されることが多いので、正しく理解することが大切です。

先進医療とは、厚生労働省が保険診療との併用を認めた最新治療で、まだ標準治療として認められていない実験的な医療のことです。

通常、保険診療の対象外の最新治療を受けようとすると、保険診療で認められている検査や治療なども全て自己負担になります。

しかし、先進医療の場合は、保険診療の費用は保険を使うことが認められ、先進医療の費用だけを自己負担することになります。

先進医療は実験的な医療であり、先進医療が標準治療として認められるようになるのはわずかです。

» 先進医療の概要について(厚生労働省)

診療ガイドラインとは何でしょうか?

診療ガイドラインとは、これまでの臨床データに基づいて専門家が集まって議論し、標準治療として合意が得られたものをまとめたものです。

つまりその時点で最良の治療を示したものです。

多くの場合は診療ガイドラインに基づいて治療を行いますが、診療ガイドラインに書かれているのは一般論であり、個々の治療は診療ガイドラインに書かれていません。

例えばあるがんに対してどんな抗がん剤が推奨されるかについて、診療ガイドラインには書かれています。

しかしそれは元気な若いがん患者さんに対して推奨される治療であって、高齢のがん患者さんや持病のあるがん患者さんでも推奨されるかどうか不明です。

個々の患者さんにとって最良の治療は千差万別です。

そのため、診療ガイドラインを参考にしつつ、個々の患者さんにとって最良の治療を模索するのが医療の実際です。​

新薬とはどんな薬でしょうか?

日々数多くの新薬が使えるようになり、治療の選択肢が増えることは大変ありがたいことです。

ただし、新薬には注意が必要です。

新薬として承認されるためには臨床試験で効果や副作用などが十分に検討されていますが、限られた人数でのデータしかありません。

市販されると桁違いの患者さんに使用され、その後に効果や副作用が再検討されます。

つまり、従来の数多くの患者さんに効果が証明されている薬と比べて、新薬が優れているかどうかは発売された段階ではまだ未知数です。

100万人に実績のある従来の薬と1000人に効果があった新薬とを比べて、どちらが優れているかは発売した段階ではわからないものです。

更に新薬は多くの場合において高価ですので、費用対効果についても検討が必要です。

臨床試験とは何でしょうか?

医療は臨床データ(臨床試験)に基づいて行われているといっても過言ではありません。

ある病気の患者さんに標準治療であるAという治療と新しい治療であるBという治療を行ったところ、Aの死亡率が20%で、Bの死亡率が10%だったら、50%死亡率を低下させたので、より優れた効果(優越性)が証明され、Bが新たな標準治療になります。

また、ある病気の患者さんに標準治療であるAという治療と新しい治療であるBという治療を行ったところ、Aの死亡率が20%で、Bの死亡率が20%だったので同等の効果(非劣勢)が証明され、Aに加えてBも標準治療に追加されます。

こうした臨床試験の積み重ねによって医療は進歩していますが、実際にはこんな単純ではありません。

優越性はわかりやすいですが、非劣勢の解釈は難しいです。

例えば、Aに対してBの優越性が証明され、Bに対してCの非劣勢が証明されたら、BとCが標準治療になります。

しかし、よく考えてみると、Aに対するCの優越性は不明です。

更にCに対するDの非劣勢が証明されたら、Dも標準治療になりますが、Aに対するDの優越性は不明です。

これが繰り返されると、本当にどれが最適な治療かどうか判断が難しくなることもあります。

これが現実であり、この曖昧さの中でより良い治療を模索しています。

まとめ:その時点では基本的に標準治療の方が最新治療より優れています。

・ 標準治療とは、その時点での最良の治療です。
・ 診療ガイドラインとは、標準治療としてその時点で最良の治療を示したものです。
・ 最新治療を臨床試験で検証し、その治療が標準治療と認められることで、医療は発展しています。

 

ヘルニア外科医 松下
「最新治療や先端医療は、まだ有効性や安全性の根拠が不十分な治療であり、その可能性は未知数です。」

埼玉外科クリニックのロゴ

〜鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術を日帰りで〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の日帰り手術に関するご相談は、埼玉外科クリニックへ。内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)の院長松下公治が、低侵襲にこだわった腹腔鏡手術を行っています。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

受診予約はこちら

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
関連記事

埼玉大宮で鼠径ヘルニア(脱腸)の専門診療!鼠径ヘルニアを専門に研鑽を積み、日本でもまだ数少ない内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)であるヘルニア外科医 松下公治が、埼玉大宮で鼠径ヘルニアの診療を行っています。埼玉外科クリニックは[…]

受付、埼玉外科クリニック、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮

>埼玉外科クリニック

埼玉外科クリニック

鼠径ヘルニア・盲腸の腹腔鏡手術に特化した日帰り手術専門クリニック。院長の松下公治が手術を執刀し、個別化した低侵襲手術を提供。
※鼠径ヘルニア・虫垂炎以外の診療は行っていませんのでご注意ください。

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-268 エイコービル3階
048-650-2555
診療時間:9〜17時(休診:水曜・日曜・祝日)【完全予約制】
JR大宮駅西口徒歩3分

CTR IMG