【5分でわかる】胃がんになったら、まず知っておきたいこと

5分でわかる病気のこと

疑問

胃がんになった患者「胃がんになってしまいましたが、まず知っておいた方がいいことは何ですか?」

こうした疑問に答えます。

本記事の内容

胃がんはがんの中では頻度が高いものの、予後は比較的良い病気です。
胃がんになってしまった患者さんが、まず知っておいた方がいいことを、5分程度でわかるように簡潔に説明します。

胃がんの診療に日々携わっている私が、「胃がんとは何ですか?」という疑問に答えます。

胃がんとは?

パソコン

胃がんとは、胃に発生するがんのことで、50歳以上に多くみられる病気です。胃の内側(粘膜)から胃がんは発生し、徐々に進行していきます。

胃は主に食物を貯めて、胃液で消化する役割をしています。年間約13万人が胃がんと診断されます。

胃がんってどんな症状?

本

初期症状はありません進行すると体重減少、心窩部痛、食欲不振、黒色便などの症状が出ることがあります。また、胃がん検診でがんが見つかることもあります。

胃がんはどんな検査をするの?

付箋

まずは、胃内視鏡検査を行います。がんが疑われる病変が見つかると、生検(組織を採取)し顕微鏡検査でがん細胞があるかどうか確認します。胃がんと診断されると、この時点で外科に紹介されることが多いです。

がんの広がりを確認するため、造影CT検査、腹部超音波検査などを行います。がんの部位や深さを調べるためには、バリウム検査を行います。また、手術リスクの評価のため、採血、心電図、心臓超音波検査、肺機能検査などを行います。検査の結果でがんのステージ(進行度)を予測し、治療方針を立てます。​

胃がんの治療法は?

犬

胃癌治療ガイドラインに基づく治療方針

  • ステージ1Aの一部:表面の浅い部分にがんが限局している状態。胃内視鏡で切除する。
  • ステージ1の一部〜ステージ3:胃壁の深い部分やリンパ節までがんが広がっている状態。手術で切除する。
  • ステージ4:遠隔転移(主に肝臓や肺、腹膜播種など)を伴う状態。化学療法(抗がん剤治療)、対症療法(緩和ケア)、緩和手術を行う。

多くの場合、手術で切除する方針になります。手術は基本的には腫瘍を含む胃を切除し、所属リンパ節を郭清します。切った胃は自動吻合器という器械でつなぎ合わせます。がんが進行していなければ腹腔鏡下手術が可能ですが、進行している場合は開腹手術を選択します。

手術の翌日には自由に歩くことができ、飲水が可能になります。その後少しづつ食事を増やしていきます。術後10日ぐらいで退院となります。

胃がん術後のフォロー

家族

がんは手術後のフォローが大切です。退院して1〜2週間後に外来受診します。退院後の体調は問題ないか、傷口は問題ないかを確認し、切除したがんの病理(顕微鏡)検査結果を伝えます。そこでステージが最終決定し、大まかに以下の治療方針となります。

ステージ別の術後治療方針

  • ステージ0〜1:3ヶ月毎に経過観察し、再発がないか確認します。
  • ステージ2〜3:術後補助化学療法(抗がん剤治療)が推奨されています。
  • ステージ4:病状に合わせて化学療法(抗がん剤治療)や対症療法(緩和ケア)などを行います。

5年間フォローし再発がなければ、根治(治癒)と判断し通院は終了となります。しかし、手術でがんを全て取りきっても一定の確率で再発が起こります。胃がんの5年生存率は、ステージ1が約97%、ステージ2が約66%、ステージ3が約47%、ステージ4が約7%です。再発には、リンパ節転移、肝転移、腹膜播種などがあり、CT検査や内視鏡などで再発がないか定期的に確認します。

胃がんのガイドライン

胃癌治療ガイドライン医師用2018年版(金原出版)が日本胃癌学会より出版されています。個々の治療方法は病状によって異なることもありますが、基本的にはガイドラインに沿って治療を行います。これは医師向けに書かれている専門的な内容なので、以下の一般(患者)向けの冊子の方がわかりやすくてお勧めです。
» 胃癌治療ガイドライン医師用2018年版はこちら

一般(患者)向けの冊子

国立がん研究センターから「胃がん」や、キャンサーネットジャパンから「もっと知ってほしい胃がんのこと」がダウンロードできます。本やネットで調べるよりもわかりやすく、正確で必要十分な情報なので、お勧めです。
» 国立がん研究センター「胃がん」はこちら
» キャンサーネットジャパン「もっと知ってほしい胃がんのこと」はこちら

まとめ:胃がんの主な治療は手術で、必要に応じて化学療法を行います。

この記事のポイントをまとめます。

  • 胃がんとは、胃に発生するがんのことです。
  • 初期症状はありませんが、進行すると体重減少、心窩部痛、食欲不振、黒色便などの症状が出ることがあります。
松下公治 写真

松下「胃がんでまず知ってほしいポイントをお話ししました。病状や年齢、基礎疾患などによって、個々の治療方針は違ってきますので、主治医とよく相談することが大切です。」

【5分でわかる】病気になったら、まず知っておきたいことのコンテンツ