医師

なぜ「絶対に治るので大丈夫です」と医師は言えないのか?【医療の曖昧さとの葛藤】

質問者
「なぜ医者は絶対治るので大丈夫と言ってくれないのですか?」
外科医 松下
「医師は絶対に治りますとか、100%大丈夫ですとは言いません。なぜでしょうか?これまで多くの病状説明、手術説明をしてきた外科医の私がお答えします。」

医療の曖昧さとはどういうこと?

人

医療は曖昧で不確実です

例えば、同じ病気と診断された患者さんが100人いた時に、Aという薬を全員が使います。その結果、100人が治り、悪化や副作用が全くないことが理想的です。

しかし、実際の現場では、90人は治ったものの、5人は悪化して手術となり、4人は副作用が出て治療が必要となり、1人は死亡してしまうといった結果になります。もし治療をしなければ、70人は悪化し、30人は自然に治るとします。

そのことを知っている医師が説明すると、「このまま治療をしないと悪化します。Aという治療をすれば大抵は良くなるので、治療をしましょう」といったような曖昧な説明になってしまいます。

更に丁寧に説明すると、治療をしても悪化したり死亡することもありますとか、治療をしなくても治ることもありますと話します。正直に話せば話すほど、患者さんは段々と治療をしたくなくなり、不安になることもあります。

逆に、「絶対に治ります、100%大丈夫ですので、Aという治療をしましょう」と言ったらどうでしょうか。その場では安心してもらえるかもしれませんが、治療の限界や危険性は隠したことになります。悪化した場合は、そんなことは聞いていないと怒る人もいます。

では実際にどうしているかというと、ある程度事実を伝えながら、過度に不安にはならないように配慮して説明しています

この設定では90%が治るので、まだいいものの、もっと治療成績が良くない治療もたくさんあります。なんでそんな治療をするのかと思うでしょうが、治療をしないより良い結果が予測されるからです。天秤にかけて比較し、より良いと推測される方を選びます

医療は〇〇で成り立っています。〇〇とは何でしょう?

答えは、臨床研究です。つまり、医療は臨床研究で成り立っています

Aという薬が治療で使われるには、まず、同じ病気の患者さんを集めて、2つの群に均等に分けます。一方にAという薬を使い、もう一方は何もしないで経過観察をします。Aが80%治り、経過観察が60%治った時、統計学的に有意差があると、Aの方が効果があると判断され治療薬となります。

更に医療が発展すると、新薬のBという薬が開発されます。すると同様にして、同じ病気の患者さんを集めて、2つの群に均等に分けます。一方にAという薬を使い、もう一方はBという新薬を使います。Aが80%治り、新薬Bが85%治ったとすると、BはAと同等の効果があると判断され治療薬となります。

こうした臨床研究を積み重ねて、医療は成り立っています。最もシンプルな臨床研究は、同じ病気の患者さんを2つに均等に分けて、AとBの治療を比較して、その結果をみる方法です

しかし、実際にはもっと複雑です。ある臨床研究ではAの方が結果が良かったのに、違う臨床研究ではBの方が結果が良いことが起こります。そうすると判断できなくなってしまうので、似た臨床研究をたくさん集めてきて、臨床研究同士を比較します。そして、Bの方が良い傾向があると、Bの方が優れていることになります。

わかっている事実と、わかっていないことと、その解釈を分けて考えましょう

わかっている事実とは、これまでの臨床研究で明らかになった事実のことで、わかっていないこととは、これまでに臨床研究が行われておらず、現時点ではわかっていないことです。その解釈とは、これまでの臨床研究でわかっていることを考慮した上での、個人的な意見のことです。

世の中では結構混同されていることが多いです。特に、テレビやネット上の情報は、混ざっていることがあるので注意が必要です。書かれていることは事実なのか、解釈なのか、はっきりさせるべきです。

医師が治療について話す時に考えていることは、わかっている事実に基づいて、本人やその家族の意向を汲み取った上で、どう解釈し判断したら良いかということです。

医療が発展するにつれて、わかっている事実が増えることは嬉しいことですが、同時に選択肢もどんどん増えて、わかっていないことも同時に増えていきます。わかっている事実に基づいて、どう解釈し判断するかが重要です。

まとめ:医療は曖昧で不確実なことが多いです。

・ 新型コロナウイルス感染症とは、SARS-CoV-2というウイルスによって引き起こされる感染症のことです。
・ 手術前14日間は密になる外出を控え、新型コロナウイルス感染症の患者に接触した場合や体調の変化があった時は、必ず主治医に相談してください。
・ 新型コロナウイルス感染症流行時、日帰り手術が可能な疾患・病状であれば、不要な入院を避けられる日帰り手術が勧められます。

 

外科医 松下
「医療における選択は人生の選択と似ていて、実際にやってみないとわからないことが多いです。」