傷

傷を早くきれいに治す方法【乾かしてはいけません】

質問者
「転んでケガをしてしまいました。傷を早くきれいに治す方法を教えて下さい。」
外科医 松下
「外科医の私が、傷を早くきれいに治す方法についてわかりやすく答えます。」

傷を早くきれいに治すのに大切なことは?

ペン

傷を早くきれいに治すのに最も大切なことは、何でしょうか?それは、傷を乾かさないことです。

20年ぐらい前には、傷は乾かして治すのが一般的でした。ケガをしたら、消毒して、ガーゼを当てて、乾かしてかさぶたにして治していました。この方法は、消毒する時やガーゼを剥がす時が痛くて、傷の治りが汚くなってしまうのが欠点でした。

それとは全く逆の方法、乾かさないで治す方法(湿潤療法)が行われるようになり、今では創傷被覆材(キズパワーパッドなど)が市販されています。正しい傷の治し方について説明します。

傷の種類とは?

くま

傷の種類

  • 擦過傷(すりきず):転んだりして、擦りむいた傷
  • 切創(切りきず):包丁やガラスなどで切った傷
  • 挫創:何かにぶつけることで、皮膚が割れてさけた傷
  • 咬創:犬などにかまれた傷

代表的な傷の種類を挙げました。この中で、自分で処置できる傷と、病院で処置した方がいい傷は、どのように区別できるのでしょうか?

大抵は今までの経験から、これなら病院にかからなくても自然に治りそうとわかると思います。その感覚は非常に大切です。どうしたらいいかわからない傷は、迷わず受診した方がいいでしょう。

また、深い傷は病院で処置が必要です。特に、切創、挫創、咬創は深いことが多く、病院で処置した方がいい傷です。汚染が強く、洗ってもきれいにならない時、出血が止まらない時はすぐに受診しましょう。

出血が止まらない時の止血方法

出血が止まらない時は、出血している部位を指で直接圧迫するのが最も効果的です。腕や指の根元を縛る人がいますが、全体が虚血となってしまうためお勧めしません。

一方、浅い傷は自分でも処置できることが多く、その代表が擦過傷です。そんな、ちょっと擦りむいた傷をどうしたらいいかを説明します。

傷を早くきれいに治す方法は?

洗浄

浅い擦過傷であれば、わざわざ病院に受診しないで、絆創膏などを貼ることが多いと思います。もちろん、そうした傷は絆創膏でも治りますが、より早くきれいに治す方法があります。

擦過傷を早くきれいに治す手順

  1. 傷を洗う:水道水でよく洗い、砂などの異物は取り除きます。
  2. 傷を拭く:水分を拭き取ります。
  3. 傷に創傷被覆材を貼る:傷よりもやや大きめの創傷被覆材(キズパワーパッドなど)を貼ります。
  4. 創傷被覆材を貼り替える:創傷被覆材がふやけてきたら、剥がして、水道水で洗って、貼り替えます。
  5. 創傷被覆材を剥がす:創傷被覆材がふやけなくなり、薄いピンクの皮膚で覆われたら、剥がして終わりです。

創傷被覆材を使う時の注意点

  • 傷が感染した時は病院に受診しましょう。傷が感染すると、赤く腫れて熱くなり痛くなります
  • 感染を防ぐには、よく洗うことが大切です。消毒は勧められていません。
  • 傷からは、透明から薄い黄色の浸出液が出て創傷被覆剤が白くなります。皮膚まで白くふやけてしまうと傷の治りが悪くなるので、創傷被覆剤は適宜貼り替えましょう。最初は1日1回程度貼り替えるのが一般的です。
  • 傷が悪化していると感じた時は、早めに受診しましょう。
キズパワーパッド
4.5

傷に貼る市販の創傷被覆材です。ハイドロコロイドは医療現場でも、よく使っている素材です。防水なので、水仕事にも便利で、私は常備しています。
» ジョンソン・エンド・ジョンソンの公式サイト

ネクスケア
4.3

傷に貼る市販の創傷被覆材です。素材がハイドロコロイドなのは、キズパワーパッドと同じです。少し安いのと、周囲にフィルムがついている点が気にいっています。

なぜ傷を乾かしてはいけないの?

水

浸出液には傷を治す成分が含まれています。そのため、傷が浸出液にふれた状態にしておくと、傷が治りやすくなります。

逆に消毒液は細菌だけでなく、正常な組織も壊してしまい治りを妨げる作用があります。そのため、消毒液ではなく、水道水でよく洗い細菌を洗い流すことが重要です。少なくとも日本の水道水はきれいですので、水道水で洗うことで感染することはありません。

まとめ:傷を早くきれいに治すには、乾かしてはいけません。

・ 浅い擦過傷は創傷被覆材を貼ることで、早くきれいに治すことができます。
・ 感染を防ぐには、消毒ではなく、水道水でよく洗い細菌を洗い流すことが重要です。

 

外科医 松下
「ちょっとした傷は創傷被覆材を上手に使うことで早くきれいに治すことができます。」

※このページでは創傷(そうしょう)のことを、日常語として使われる傷(きず)と記載しました。医学用語としての創(開放性損傷)傷(非開放性損傷)は区別されますが、わかりやすくするために、不正確な用語を使用している部分があります。