虫垂炎

虫垂炎(盲腸)を薬で散らした後の仕事復帰は?

質問者
「虫垂炎を薬で散らした後の仕事復帰は?」
ヘルニア外科医 松下
「虫垂炎を薬で散らした場合について、外科医の私がその疑問に答えます。」

虫垂炎(盲腸)を薬で散らすとは?

薬で散らす期間、埼玉外科クリニック、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮、川口
虫垂炎を薬で散らすとは、虫垂炎を抗菌薬(細菌をやっつける薬)で治すということです。

穿孔していない虫垂炎は、薬で散らすと90%治すことができます

虫垂炎(盲腸)を薬で散らす期間は?

通常は2〜5日程度、点滴で抗菌薬を投与し、その後内服に変更することが多いです。

炎症が強いと点滴治療に1週間以上かかることや、炎症が軽いと入院しないで内服で治ってしまう場合もあります。

抗菌薬が効いてくると、お腹の痛みが和らいできます。

熱や腹痛の症状、腹部の診察所見、血液検査などの経過を見て、治療変更のタイミングは医師が判断します。

虫垂炎(盲腸)を薬で散らした後の食事は?

虫垂炎の炎症がひどい場合は、絶食で食事を休むことがあります。

それほど炎症がひどくなければ、消化の良いものを摂取することも可能です。

薬で散らした後の食事は、お腹の動きや張り・排便の状況を確認しながら、食事を元に戻していきます。

炎症によって腸管が麻痺し、お腹の動きが悪くなっていますので、食べすぎには気をつけてください。

虫垂炎(盲腸)を薬で散らした後の仕事復帰は?

仕事復帰は病状によって大きく異なりますので、なんとも言えません。

外来で通院治療しながら仕事をしている患者さんもいますし、炎症がひどい場合は数日休んだほうがいいこともあります。

痛みが治まって食事ができるようになるまでは、仕事を休むことをお勧めします。

虫垂炎(盲腸)に対して、手術をするか?抗菌薬で散らすか?

病状によりますが、一般的に虫垂炎の治療は迅速な手術が推奨されています。

しかし、虫垂が穿孔していなければ、虫垂炎は抗菌薬で散らすことで90%が治ります

もし緊急手術をしない場合は、3つのリスクがあるので、そのことをよく理解し注意することが必要です。

虫垂炎(盲腸)の手術をしない場合の3つのリスク

  1. 悪化するリスク
  2. 再発のリスク
  3. 腫瘍のリスク

1. 悪化するリスク

入院し絶食で抗菌薬を投与しても、悪化して手術となる可能性は約10%です。

糞石がつまっていると穿孔しやすいため、迅速な手術が勧められます。

2. 再発のリスク

治癒し退院した後に再発する可能性は、退院後5年以内に約40%です。

平均すると初回の発症から4-7ヶ月で再発し手術になったという報告もあります。

若い人に多い病気ですので、いつ再発するかもしれないことが問題で、試験などの大切なイベント、大切な仕事、海外渡航中などのタイミングで発症するリスクがあります。

3. 腫瘍のリスク

虫垂炎の原因の約1%が、腫瘍による閉塞です。

40歳以上では腫瘍が潜んでいるリスクが高くなるので、大腸内視鏡検査とCT検査をお勧めします。

虫垂炎(盲腸)を抗菌薬で散らした後は、どうしたらいいですか?

上記のリスクをよく理解した上で、次回再発した時に手術するのも選択肢です。

虫垂炎が一旦治まれば、腹腔鏡による待機的な日帰り手術で治せますので、埼玉外科クリニックにご相談ください。

まとめ:虫垂炎(盲腸)は緊急手術が推奨されていますが、穿孔していなければ抗菌薬で散らすことができます。

・ 虫垂が穿孔していなければ、90%は抗菌薬で散らすことが可能です。
・ 手術をしないと、再発と腫瘍のリスクが残ります。
・ 予定手術であれば、日帰り手術も可能です。

 

ヘルニア外科医 松下
「虫垂炎では一般的に緊急手術が勧められますが、病状や年齢、基礎疾患などによって、個々の治療方針は違ってきますので、主治医とよく相談することが大切です。」
関連記事

質問者「虫垂炎(盲腸)は日帰り手術で治せますか?」ヘルニア外科医 松下「虫垂炎は日帰り手術で治せます!外科医の私が、虫垂炎の日帰りで手術について疑問に答えます。」虫垂炎(盲腸)を薬で散らした後[…]

ノート

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG