手術

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術ってどんな手術ですか?

質問者
「鼠径ヘルニア(脱腸)の手術ってどんな手術ですか?」
ヘルニア外科医 松下
「鼠径ヘルニアの手術はたくさんあります。ヘルニア外科医の私が鼠径ヘルニアの手術について答えます。」

鼠径ヘルニア(脱腸)の治療方法は?

手術方法、埼玉外科クリニック、鼠径ヘルニア、脱腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮、越谷

鼠径ヘルニアはお腹の壁に穴があいて、タイヤがパンクしているのと同じような状態です。

上図は術中写真で、左図の矢印には穴がありません(正常)が、右図の矢印には穴があり、この穴から腸が脱出します。

そのため自然に治癒することはなく、手術以外に治す方法はありません

手術でこの穴を塞ぐ必要があり、以前は穴を糸で縫い合わせて塞いでいました。

しかし、痛みが強く、回復に時間がかかり、再発が多いことから、現在ではメッシュを敷いて穴を塞ぐのが一般的な治療方法です。

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術ってどんな手術ですか?

鼠径ヘルニアの手術方法は、腹腔鏡手術鼠径部切開法(メッシュ法)鼠径部切開法(組織縫合法)に大きく分けられます。

穴を糸で縫い合わせる組織縫合法は、今ではほとんど行われないので、メッシュを使って補強する腹腔鏡手術と鼠径部切開法の二択となります。

腹腔鏡手術について

お腹に小さな穴を開け、腹腔鏡を使って、メッシュを敷いて穴を塞ぐ手術方法です。

国際的なガイドライン、日本のガイドラインのいずれも腹腔鏡手術を推奨しており、TAPP法とTEP法は同等としています。

  • 利点:傷が小さい、痛みが軽い、回復が早い、早期社会復帰できる、同じ傷で両側手術できる
  • 欠点:手術時間がやや長い、高額な機器を揃える必要がある

ヘルニア門(穴)への到達方法によって、2種類の手術方法があり、どちらも穴の裏面にメッシュを敷きます

  • TAPP法(タップ法): 腹腔内(お腹の中)から穴を直接観察して塞ぐ方法
  • TEP法(テップ法): 腹膜を切らないため、縫合する必要がない方法

鼠径部切開法(メッシュ法)について

お腹を約3-5cm切って、メッシュで穴を塞ぐ手術方法で、現在広く行われています。

国際的なガイドラインではリヒテンシュタイン法を推奨しています。

日本のガイドラインでは手術方法で成績に大きな差はなく術者が習熟した手術方法を推奨しています。

  • 利点:組織縫合法と比べると痛みが軽く再発が少ない、手術時間が短い、外科医の習熟が早い
  • 欠点:傷が大きい、痛みがやや強い、回復に少し時間がかかる

​ヘルニア門(穴)への到達方法やメッシュの敷き方によって、様々な手術方法があります。

  • Lichtenstein法(リヒテンシュタイン法): 穴の表面にメッシュを敷きます
  • Plug法(プラグ法): プラグメッシュで穴を塞ぎ、穴の表面にもメッシュを敷き、計2枚のメッシュを使います
  • PHS法、UHS法: 穴の表面と裏面に二重にしてメッシュを敷きます
  • TIPP法: 内側は穴の裏面に、外側は穴の表面にメッシュを敷きます
  • Direct Kugel法(ダイレクトクーゲル法): 鼠径管を開いて、穴の裏面にメッシュを敷きます
  • Kugel法(クーゲル法): 鼠径管を開かずに、穴の裏面にメッシュを敷きます

鼠径部切開法(組織縫合法)とは?

お腹を約4-5cm切って、糸で縫い合わせて穴を閉じる手術方法です。

メッシュが無かった時代には標準手術でしたが、現在ではほとんど行われておらず、ガイドラインでも推奨されていません。

  • 利点:メッシュ(異物)が体内に残らない
  • 欠点:傷が大きい、痛みが強い、回復に時間がかかる、再発が多い

どこを縫い合わせるかによって、Marcy法(マーシー法)、Shouldice法(ショルダイス法)、Bassini法(バッシーニ法)、McVay法(マックベイ法)などの手術方法があります。

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術方法一覧

腹腔鏡手術鼠径部切開法
(メッシュ法)
鼠径部切開法
(組織縫合法)
傷口5mmの傷が3ヶ所約3-5cm約4-5cm
痛み軽い痛いとても痛い
手術時間約1時間約40分〜1時間約1時間
入院期間短いやや長い長い
退院後の復帰早いやや遅い遅い
日本のガイドライン推奨推奨推奨しない
国際的なガイドライン推奨リヒテンシュタイン法
のみ推奨
推奨しない

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術はどんな麻酔をしますか?

基本的には全身麻酔をして手術をします。

完全に寝ている状態ですので、手術中に意識は全くなく、痛みも全くありません。

全身麻酔のリスクが高い場合は、その人にあった麻酔法を検討します。

全身麻酔に関連した合併症は、アレルギー、吐き気、のどの痛み、歯の損傷、せん妄、肺炎、喘息発作、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、肺塞栓症、悪性高熱症などがあります。

鼠径ヘルニア(脱腸)に対して、私はどの手術方法を選ぶか?

国際的なガイドラインでは、腹腔鏡手術(TAPP法、TEP法)とリヒテンシュタイン法を推奨し、日本のガイドラインでは、術者が習熟した手術方法を推奨しています。

これ以外の手術方法がダメなわけではなく、推奨するだけのエビデンス、根拠が不足しているということです。

これらを考慮した上で、私は腹腔鏡手術(TAPP法)を第一選択としています。腹腔鏡手術(TAPP法)は傷が小さく、術後の痛みが軽く、回復が早く、社会復帰が早いなどの利点があり、日帰り手術との組み合わせは理想的です。

ただし、腹腔鏡手術を避けた方が良い時は、鼠径部切開法(リヒテンシュタイン法)を選択しています。特に、ヘルニアの再発や下腹部手術後は慎重に手術方法を選択する必要があります。

鼠径ヘルニアは腹腔鏡による日帰り手術で治せますので、埼玉外科クリニックにご相談ください。

» 鼠径ヘルニアの日帰り手術の動画(YouTube)

まとめ:鼠径ヘルニア(脱腸)に対する腹腔鏡手術は、傷が小さく、痛みが軽く、回復が早く、早期社会復帰できることが利点です。

・ 鼠径部切開法(メッシュ法)の利点は、手術時間が短く、外科医の習熟が早いことです。
・ 鼠径部切開法(組織縫合法)の利点は、メッシュ(異物)が体内に残らないことです。

 

ヘルニア外科医 松下
「鼠径ヘルニアの治療は腹腔鏡手術を第一選択としています。病状や年齢、基礎疾患などによって、個々の治療方針は違ってきますので、主治医とよく相談することが大切です。」
関連記事

質問者「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せますか?」ヘルニア外科医 松下「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せます。ヘルニア外科医の私が鼠径ヘルニアの日帰り手術について疑問に答えます。」鼠径ヘルニア(脱[…]

家族

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG