家族

鼠径ヘルニア(脱腸)は日帰り手術で治せます!

質問者
「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せますか?」
ヘルニア外科医 松下
「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せます。ヘルニア外科医の私が鼠径ヘルニアの日帰り手術について疑問に答えます。」

鼠径ヘルニア(脱腸)は日帰り手術で治せますか?

日帰り手術、埼玉外科クリニック、鼠径ヘルニア、脱腸、埼玉、さいたま、大宮、熊谷
鼠径ヘルニア(脱腸)は日帰り手術で治せます。

以前は入院する必要がありましたが、今では腹腔鏡で日帰り手術が可能です。

入院では既に腹腔鏡手術が普及していて、それが日帰り手術にも広がりつつあります。

日帰り手術とは、手術したその日に帰宅できる手術のことです。

日常生活を続けたまま手術を受けられることが大きなメリットで、費用対効果に優れていることもあり欧米では積極的に行われています。

しかし、鼠径ヘルニア関して、欧米諸国では約20〜92%が日帰り手術なのに対して、日本ではたったの1.3%に過ぎないのが現状です。

日本では2-7日入院するが一般的で、日本のDPC対象病院における平均在院日数は4.8日です。

しかし、患者さんのニーズ医療の効率化から、腹腔鏡を用いた日帰り手術の有用性が注目されています。

鼠径ヘルニアは腹腔鏡による日帰り手術で治せますので、埼玉外科クリニックにご相談ください。

日帰り手術の利点は?

  • 入院する必要がなく、仕事などの日常生活をそのまま続けられる。
  • 電話などを使った遠隔でのフォロー体制が整っている。
  • 病院に滞在する時間が短かく、人との接触機会が少ない。
  • 入院分の費用がかからないので、費用が安くなる。

日帰り手術の欠点は?

  • 日本ではまだ日帰り手術が普及していないため、一部の地域に限られる。
  • 持病や病状によっては、安全性を確保するために入院が必要となる。
  • 医療保険の契約内容によっては、入院しないと給付金がもらえないことがある。
  • 医療費負担が軽い日本では、入院したとしても費用負担が軽い。

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を腹腔鏡で行うメリットは?

鼠径ヘルニアの手術には多くの術式がありますが、その中でも腹腔鏡手術が選ばれる理由はなぜでしょうか?

1つ目に、日本だけでなく、国際的なガイドラインにおいて推奨されている術式です。

ガイドラインで推奨されるためには、十分なデータが必要ですので、信頼できる術式であると言えます。

2つ目に、何より手術を受けた患者さんから感想を伺うと、満足度が高いことです。

腹腔鏡手術傷が小さく、痛みが少なく、回復が早いため、日帰り手術との組み合わせは理想的です。

少しでも快適に苦痛なく手術を受けたいという患者さんのニーズに合っていると感じています。

更に、傷を小さくしたり、タッカーというメッシュの固定具を使わないことで痛みを減らし、体の負担が最小限なるように工夫しています。

鼠径ヘルニア(脱腸)の手術時に、体に管を入れますか?

通常、麻酔する時に気管にチューブを挿入し、胃に胃管を入れ、膀胱に尿道カテーテルを入れます。

日帰り手術ではできる限り身体への侵襲を減らすため、それらの挿入を可能な限り行わないで手術をします。

そうすることで、術後の痛みや違和感が軽減されます。

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術の手順は?

手術当日、来院してから帰宅までが3時間ぐらいです。

その具体的な手順を説明します。

  1. 外来に受診
  2. 手術当日の流れ
  3. 帰宅後

1. 外来に受診

診察で聞かれることは、いつからどんな症状があるのか、治療中の病気やこれまでの手術歴、内服している薬の名前などです。

お薬手帳を持っている方は持参しましょう。

診察後に、病状や治療方法について説明を受けます。

術前検査は採血、心電図、肺機能検査、超音波検査、CT検査などを必要に応じて行います。

日帰り手術では手術を受ける患者さん、家族の理解が大切です。

手術当日やその後の経過フォローについて、パンフレットを用いて説明を受けます。

2. 手術当日の流れ

手術30分前に来院し、手術の準備をします。

手術室に移動し、麻酔がかかってしまえば意識は全くありません。

手術が終わり麻酔が覚めたら、回復室に移動します。

手術が終わったら、水を飲んで歩いて部屋まで移動し、約1-2時間後に帰宅できます。

3. 帰宅後

日常生活に大きな制限はなく、シャワーや入浴ができます。当日、車の運転はできません。

溶ける糸で傷を縫うので、抜糸は不要です。

手術の翌日に電話で病状を確認し、疑問や困ったことがあれば相談します。

実際の受診から手術までの流れが、わかりやすくマンガになりました。

» 「マンガでわかる 鼠径ヘルニア(脱腸)は日帰り手術で治る」はこちら

日帰りで鼠径ヘルニア(脱腸)の手術をするのが不安ですが、大丈夫ですか?

多くの一般病院では鼠径ヘルニアの日帰り手術は行っておらず、その仕組みもないので難しいです。

腹腔鏡による日帰り手術の経験が豊富な病院やクリニックで手術することを勧めます。

日帰り手術を安全に行うためには、手術だけでなく、術前・術後のフォローの仕組みが整っていることが大切です。

そうした仕組みが整っていれば、入院と同等の安全な手術が可能です。

最新のガイドラインでも日帰り手術が推奨されています。

日本のガイドライン

日帰り手術は、腹腔鏡手術、リヒテンシュタイン法、プラグ法、クーゲル法、ダイレクトクーゲル法、組織縫合法が適応となる。

国際的なガイドライン

適切なアフターケアがあれば、ほとんどの鼠径ヘルニア患者に日帰り手術は推奨される。通常の鼠径ヘルニアであれば、全ての腹腔鏡手術に対して日帰り手術を提案する。

新型コロナウイルス感染症流行時に、なぜ鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術が増えたのか?

感染のリスクを減らすには、人同士の接触を避けるのが最も効果的です。

入院するよりも日帰りで手術した方が、病院に滞在する時間が短くなり、流行時には感染のリスクが低くなります

低侵襲な処置・手術においては日帰り手術が推奨されており、不要な入院が避けられます

こうした理由で、日帰り手術が増加したと考えられます。

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術の治療成績

日本において、治療成績の報告はまだ僅かです。

東京外科グループでは、TAPP法による日帰り手術1,408例の治療成績を論文にまとめ、その安全性を検討しましたのでご覧ください。

・松下公治,大橋直樹他:腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP法)による日帰り手術の短期成績、日本臨床外科学会雑誌 2020;81:1703-1709
» 論文PDF(全文)

関連記事

日本臨床外科学会雑誌に論文が掲載されました腹腔鏡による鼠径ヘルニアの日帰り手術1,408例をまとめた論文が日本臨床外科学会雑誌に掲載されました。・松下公治,大橋直樹,多賀谷信美,星野明弘,柏木邦友,三原良明:腹腔鏡下鼠径ヘルニア[…]

論文

まとめ:鼠径ヘルニア(脱腸)は日帰り手術で治せます。

・ 日帰り手術とは、手術したその日に帰宅できる手術ことです。
・ 腹腔鏡手術は傷が小さく、痛みが少なく、社会復帰が早いため、日帰り手術との組み合わせは理想的です。

 

ヘルニア外科医 松下
「鼠径ヘルニアは日帰り手術で治せます。病状や年齢、基礎疾患などによって、個々の治療方針は違ってきますので、主治医とよく相談することが大切です。」

〜鼠径ヘルニア・盲腸のご相談はこちら〜

鼠径ヘルニア(脱腸)・虫垂炎(盲腸)の症状や治療に関するご相談は、埼玉外科クリニックまでお気軽にご連絡ください。
低侵襲にこだわった腹腔鏡による日帰り手術を行っています。

埼玉外科クリニックのロゴ

埼玉外科クリニック院長、松下公治、鼠径ヘルニア、脱腸、虫垂炎、盲腸、日帰り手術、埼玉、さいたま、大宮
>腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術

2022年9月1日、埼玉外科クリニックが大宮駅(埼玉県)に開院します。
腹腔鏡による鼠径ヘルニア・盲腸の日帰り手術を専門に行う外科クリニックです。
内視鏡外科技術認定医(ヘルニア)で院長の松下が執刀し、個別化した最適な低侵襲手術を提供します。

埼玉外科クリニックのロゴ


CTR IMG